人気ブログランキング 




 暇つぶしで本を読んだりテレビを見たり散歩にでかけたりする患者さんは、たくさんおられます 


最近は携帯をいじっている方も多いです    重症でない限り、ある程度治療が進んでいる方の入院生活はとても暇なものです  


 先日入院された40代Oさんもベッド上で何やらノートに書いているのをよく目にします


Oさんも暇つぶしで何やら書いているのでしょうが、そのノートはいつも鍵の掛かる引き出しに入れられています   



 ところが今日、用事があってOさんの部屋に入った時、ノートがテーブルの上に開きっぱなしになっていて、Oさんはペンを持ったまま、こっくりこっくり居眠りをしていました 



 私は、何気なくノートに目をやりましたが 

 「○月○日、N先生の下剤で腹痛 えらい目に合う N許さん」 

「医者Aはバカか よう治さん やぶめ」 

「○月○日、Wがムカつく 死ね」 

「○月○日、ばばあ殴る」

 などとさっと見えただけでもとても物騒な事が書かれているではないですか 気まずい…やばい物を見てしまった 


 先生のなまえやスタッフの名前も書いてあり、他にはどんなことが書かれているんだろうと気になりました


しかし、ノートを見たことをOさんに知られてしまったら ややこしい事になりそうな気がするので、そーっとその場を出て行くことにしました


気配を感じたのかOさんは、「うーん」と言いながら寝返りを打ちました


その弾みで、テーブルにあったボールペンも床に落ちそうになったので、慌てて必死でキャッチしました


私は何とか気づかれず、病室から出れましたが、本当に生きた心地がしませんでした




今はただOさんのデスノートに自分の名前が載ってないことを祈るのみです





 



よろしければ下のバナーをクリックしてください
励みになります (=^x^=)