海外のメモラビリア事情 | オーナーズリーグのブログ新聞 もふスポ

オーナーズリーグのブログ新聞 もふスポ

オーナズリーグを楽しむ攻略?ブログ。「東京りきもふジャイアンツ」応援がモットーです。


テーマ:
海外からサインを云々……と前回書きました。
つまり、論外ともいえるジャパンプレミアを回避しながら買うには要は多少の英語力があればどうにかなるのです。ただし、物知らずして突っ込めば偽物を掴む事は間違いありません。

という事で個人的にお勉強してきました(突っ込み大歓迎です!)。

よく海外のディーラーが注意喚起と宣伝を兼ねて「オークションに出ている直筆サイン9割は偽物ですとFBIが~」という諸説を開示していましたが、この正しい和訳は「オークションに出ている直筆サインの9割は正式に鑑定を受けていないものとFBIが~」が正しいようでして、微妙に(というか結構?)ニュアンスが違う気がしています。

で、話を戻すと海外経由で購入する場合何段階か信憑性のグレードがあり、ここを巧く乗って行かないと「偽物を掴まされる」という事になるのだろうなあと思いました。

個人的にランクを付けていくと。

安心度 ☆☆☆☆☆
・自分で貰う ←それが出来れば苦労しない。
・MLBなどのオフィシャル販売の商品を買う。
・MLB所属選手が契約している会社から直接入手する。

アメリカでは直筆サインはビジネス化しており、10億円の市場規模だとか。あちらでは公式が発行したものを購入する事は「普通」です。このケースの場合、3つめが日本では馴染みがありませんが、実は誰もが知っている人も使っており、このタイプのサイン入手で一番有名なのはイチローのミルクリーク社です。

実はイチローのサインは「お金を積めば必ず本物が買える」ので、個人的にはわざわざ信憑性の薄い日本のオークションに手を出すリスクを背負う必要はないのになあと思いながら日本市場を眺めています。

▼ミルクリーク社
http://www.millcreeksports.com/

ちなみにイチローのサインを購入したことがないのでわかりませんが、一般的に海外発送に対応してもらえた場合、商品代金のほかに国際宅急便の送料と関税が掛かるはずなので、5,000円以上は覚悟した方がいいです(いまの為替レートだとサインボールで5千円くらいだと思います。責任は持てません)。

安心度 ☆☆☆~☆☆☆☆
・PSA/DNAやJSA等の一流鑑定会社の鑑定済み商品

メモラビリア市場が確立している米国では、サイン鑑定を生業とする会社が上場を果たしており、特に有名なのがPSA/DNA、JSAです。鑑定済み商品には番号が振られ、公式サイトにその鑑定番号を打ち込むと誰のサインかが明示されます。サイングッズには鑑定番号のシールが貼られ、同じ番号の名刺サイズのCOA(Certificate Of Authenticity 実物証明書)もしくはレターサイズのLOA(Letter Of Authenticity)が付属されます。鑑定そのものが有料(真贋問わず)ですが、LOAの場合はレターが有料発行の代わりに鑑定物の写真も印刷されるため、実物との相違(たとえば、鑑定書だけ本物で商品は偽物)が起こる可能性も勿論落ちます。

ちなみにCOA(鑑定書)の模倣性はどうなのよと思ったので同社に問い合わせたところ、ホログラムの複製が非常に困難だそうで、絶対の自信があるようでした。

また、DNAとはなんぞやと言う話なのですが、これも同社に問い合わせたところ、鑑定物に対してある特殊な光線を当てたときにだけ見える特殊なインクだそうです。同じものを作るのが非常に困難だとかなんとか。鑑定業だけで上場していますから鑑定には相応の自信と信頼性があるとの事で、基本的に私の購入判断基準を満たすのはこのグレード以上のみです。

▼返信で添付された画像


安心度 ☆☆
・Proof Photo(サイン時の証明写真)添付商品

本当は☆1くらいにしても良いのですが、PSA/DNAなどの鑑定書が付かない場合で、個人のディーラーなどが直接収集して販売するケースがあります。COA、LOAの取得はかなり厳しい基準の元に行われ、かつ有料との事で、COAを取りたがらない業者もいるため、自身の写真などを添付して販売する訳ですね。全部が偽物とは限りませんが、ここまでグレードが落ちてくると、その写真に記されているサインを書いている商品が販売しているが商品と一致しているか? など判断の対象となるため、結構冒険になるんじゃないかなーと。よっぽどじゃないと手を出す意味がないです。

安心度 ☆
・有名じゃない所のCOA/個人発行のCOAが付属。

なんだかソレっぽい英語の書類と英語のサインとかが付いていたり、それっぽいホログラムのサインや番号が付いているケース。英語だから信憑性がありそうに見えますが、日本のオークションサイトで何の証明もついていないサイングッズを買うのと何の変わりもありません。

「このサインは本物です。発行番号012 BYりきもふ」

と私が手書きしているものと同じ価値しかないと言う事です(紙クズですな)。

個人的に信頼できるディーラーだったりする場合を除いては、PSA/DNA辺りに鑑定をしてから売って貰うと良いのではないかと思います。

でまあ、つらつらとチラシの裏をかきましたが、今回私がどういう経路で何を手に入れていたかというと、WBCの侍ジャパン関連の直筆サイングッズなのです。阿部選手、坂本選手辺りは背番号も巨人と一緒な訳で、そこに大きな拘りがなければこれもありだろうと海外のサイトを転々としていました。

基本的に日本語のサイトはクソ高い日本人向けへの販売でしたが、米国内向けの市場では比較的安価に流れているケースも多く、一部ヤフオクではそこから仕入れたものが転売されるケースなどもあるようです(頭の良い暇人がいるものだなと)。

同じ事を考える人は多いようで、大分売り切れた感のあるWBC直筆サイングッズ市場でしたが、今回はPSA/DNA社の証明に加えてサイン時の写真が添付された商品と、いわくつきっぽい面白い格安商品を手にしたのでメモラに加えておきます。

商品紹介は次回以降を予定!

りきもふさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。