中村メンタルクリニック スタッフブログ

中村メンタルクリニック スタッフブログ

愛知県一宮市にある、中村メンタルクリニックのスタッフブログです。

新年度になりましたね。

しかし、コロナ禍の影響で 従来 行われていたイベントも縮小、中止となり

なんかメリハリがなく だらぁ~とスタートした印象です。

 

こんな世の中ですから、ストレスがたまるばかりで 上手く発散できない人が

多くなっています。

あたり前に出来た事が 出来なくなっています。

今迄とは 違う視点で、ストレスの発散を考える必要があります。

 

しろくま院長は、スタッフの訪問用、私の往診用に使っていた車を買い換えました。

従来は新車でしたが、今回は中古車です。(2018年式)

前回のつぶやきでもお話した通り、CDを聴くためです。

3月28日に納車され 毎日 好きなCDを聴きながら通勤をしています。

快適です。ストレスも軽減し、心も若返ったかんじです。

 

車の整備手帳をみると 横浜でその車は生活していたようです。

その後 札幌ナンバーで何ヵ月か過ごし

今回 一宮で暮らすことになりました。

今年の9月には1回めの車検となります。

横浜、札幌は、大好きな街で 以前の世の中なら、

1年に1回は訪れています。

そんな思いが 通じていたのか、縁あって、この車を

手に入れることができました。私はそこに行けなくも、

横浜、札幌で暮らした車が来てくれました。不思議な御縁です。

大事に一緒に暮らします。

 

今日は

横浜DAYBREAK (柴田恭兵)

 

追いかけてヨコハマ (桜田淳子)

 

よこはま物語 (とみたゆう子)

 

スターライト札幌 (純烈)

 

を聴こうかな~ ♪

              R3.4.15

最近 淋しいことがあります。

どんどん 車の中でCDを聴けなくなっています。

時代はブルートゥース(Blue tooth)で音楽を飛ばして聴く時代です。

私にとってCDは青春なんです。(またまた古い表現)

流石にレコードは走る車の中で聴けないので CDが音楽の中心でした。

学生時代はカセットテープでした。クロムテープ メタルテープで

音質の良さを追求し 録音して 車の中で良く聴いていました。

レンタルレコードでレコードを借り 好きな曲を

カセットテープに録音して楽しんでいました。

レコードは時代と共にCDに変化し、車の中でもCDが聴けるようになりました。

CDを何枚か車の中に持ちこみます。アルバム1枚聴くと助手席の人が入れ替えます。

面倒ですが 助手席の人と一体感が出ます。

「次どのCD聴く?」と会話をしながらCDを選びます。

「次は 角松敏生、その次は とみたゆう子 か オメガトライブ」 こんな感じです。

 

その後 好きなCDをCDデッキに入れるだけで 録音できるようになります。

車の中にミュージックサーバーが出現したのです。

まるで 昔 喫茶店に置いてあったジュークボックスが目の前に

あるようなものです。(ジュークボックス 懐かしいです~)

ますます 車の中で 音楽を楽しめるようになりました。

というわけで CDは しろくま院長 大好きなんです。

自宅には 何百枚も 新品 中古品含めてCDがあります。

宝の持ち腐れです。車の中で聴けないのは淋しいです。

というわけで 2年前に購入したクリニックの

往診・訪問用の車を下取りに出して

CDが聴け、録音ができる車を購入することにしました。

2018年式の中古車です。

 

今日は 

THE BEST OF LOVE (角松敏生)

 

蒼い風 (とみたゆう子)

     

君のハートはマリンブルー (杉山清貴&オメガトライブ)

 

聴こうかな~♪

               R2.2.26

 

 

緊急事態宣言 愛知県は延長されました。

昨日は124年ぶりの2月2日の節分でした。

「鬼は外、福は内」 が例年ですが 今年は 「コロナ~外、福は内」

で 豆まきを された方が 世の中には いたのではないのでしょうか?

当院もコロナ対策で消毒 手洗いの徹底 待合い室の座席数を減らして対応してまいりました。

待合い室の密を回避するため、院内への御家族の同伴も遠慮お願いしています。

お体の具合が悪く 介護の必要な方のみ 同伴は可能としました。

こんなご時世ですので 何卒 御理解の程をよろしくお願いします。

 

今日は「接吻-kiss-」 (オリジナルラブ) を聴こうかな~♪

あっ 院長 節分と接吻とかけたな~

うっ 苦しい~

                                 R3.2.3

                         

昨年は、新型コロナウイルスが流行し、『3密』という言葉がうまれました。

私個人としましては、肥満・糖尿病対策として、

今年も引き続き「3つのみつ」に気をつけ、生活をしていこうと考えております。

「ハチミツ」 「あんみつ」 「綿密」 (笑)

今年もよろしくお願いいたします。

 

追伸

開設して永らくの間、お世話になってまいりました関連施設

「こころと生活の相談センターこもれび」を令和3年1月6日をもちまして閉室しました。

閉室の理由は「秘密」ですが、お問合せがあれば、「緊密」に御連絡いたします。(笑)

 

こもれび 平成16年1月6日開設 令和3年1月6日 閉設

こもれび ありがとう そして さよなら

 

今日は 

「ありがとう」 (いきものががり)

 

「さよなら」 (オフコース)

 

聴こうかな~♪

R3年1月13日

 

 

2020年 最後のつぶやきです。

 

クリニックも 12月29日からお休みになります。

年明けは、1月4日(月)より診察をスタートしますが、

その日は午前のみとなりますので、御注意下さい。

 

2020年も色々ありましたね。

新型コロナウィルス感染拡大、東京五輪・パラリンピック延期、

安部首相辞任・菅内閣誕生、九州集中豪雨、志村けんさん死去。

暗いニュースが多い中、後半には「鬼滅の刃」が流行しました。

 

「鬼滅の刃」も良いのですが、個人的には「秘密の八重歯」

に興味があります。(笑)

青春時代(表現が古い~)に八重歯のある女の子に憧れました。

アイドル歌手の石野真子さん、河合奈保子さん。

刑事犬カールⅡに主演の坂上味和さん。

普通の表情の時は八重歯は見えませんが、笑顔になった時には

八重歯が顔を見せます。キュンとします。

私はそれを「秘密の八重歯」と呼んでいました。

 

全く関係はないのですが、「鬼滅の刃」ときく度に「秘密の八重歯」

のフレーズを思い出し 青春時代に浸る しろくま院長でした。

 

今日は「青春時代」 (森田公一とトップギャラン)

 

「ジュリーがライバル」 (石野真子)

 

「エスカレーション」 (河合奈保子)

 

聴こうかな~

 

2020年もありがとうございました。

2021年もよろしくお願いします。

                    2020年12月24日

 

閉室のお知らせ

こころと生活の相談センターこもれびをご利用頂きましてありがとうございます。
突然ではございますが、2021年1月6日(水)を持ちまして、
当センターは閉室させて頂くこととなりました。
 
急なお知らせとなりましたことをお詫び申し上げますとともに、
長きにわたり多くのお客様にご来室頂きましたことを心から厚く御礼申し上げます。
 
こころと生活の相談センターこもれび

このところ様々な業界のトップやスターが

ひき逃げ 暴力事件等 警察のお世話になっています。

残念でなりません。

 

実際 人気が出ると色々なものを手に入れることが出来ます。

人が寄ってきます。誘惑も多くなります。お金も入ります。

すると人は勘違いします。自分がえらくなったと。

人に対しての態度 気遣いも変わってしまいます。

人のアドバイスもききいれなくなります。

確かに実績が上がれば仕事の評価は高くなります。

しかし 人としての評価は下がっていることが多いのです。

業界の中ではえらくなったとしても 人間としてはえらくなっていません。

それに気付かないと えらいことになりますよねー

 

今日は Temptation(誘惑) (本田美奈子) を聴こうかな~

                                 R2.11.8

 

筒美京平 先生 御逝去。

 

私の音楽人生に多大な影響のあった

筒美京平先生が、R2年10月7日に80才で

亡くなられました。御冥福をお祈り申し上げます。

 

幼少期から 知らず知らずのうちに 筒美先生の曲に

接していました。

日曜日の夜には「サザエさん」(宇野ゆう子)です。

 

 

当時は、筒美先生の曲とは当然知りませんが、小学生の私にも

心地良いメロディーラインだったと記憶しています。

しかし 実を言うと、「スワンの涙」(オックス)

 

 

「ブルー・ライト・ヨコハマ」(いしだあゆみ)も当時 好きでした。

 

 

小学1年生なのに 我ながら 大人です。(笑)

その後、「また逢う日まで」(尾崎紀世彦)にはまりました。

 

 

小学3年生の時 学校から帰るときに 同級生に

「バイバイ」ではなく、「また逢う日まで」と言っていました。

我ながら 大人です。(笑)

 

それから、筒美先生の歌にどんどん はまっていきました。

「青いリンゴ」(野口五郎)

 

 

「赤い風船」(浅田美代子)

 

 

「オレンジの雨」(野口五郎)

 

 

青も 赤も オレンジも 好きでした。

気がついたら「色づく街」(南沙織)でした。(笑)

 

 

その後は 私が 好きになった曲のほとんどが、筒美先生の作品でした。

「よろしく哀愁」(郷ひろみ)

 

 

「甘い生活」(野口五郎)

 

 

「センチメンタル」(岩崎宏美)

 

 

「木綿のハンカチーフ」(太田裕美)

 

 

「飛んでイスタンブール」(庄野真代)

 

 

「さようならの彼方へ」(内山田洋とクールファイブ)

 

 

「たそがれマイ・ラブ」(大橋純子)

 

 

「時代遅れの恋人たち」(中村雅俊)

 

 

書きはじめたら とまりません。

どんどん「魅せられて」(ジュディーオング)しまいました。

 

 

第1章は この辺りで やめておきます。

グッド ラック(野口五郎) (笑)

 

 

今日は何を聴こうかな~ 歌おうかな~

              R2年10月14日

 

H10年(1998年)9月7日に 中村メンタルクリニックを開業しました。

もう22年です。

体調を崩し 点滴をしながら診療や、体調不良でお薬のみで

帰っていただいた事は数日ありましたが、大きな病気で休院することもなく

22年やれていたことに感謝です。

支えていただいた関係者

(スタッフ、薬局の皆様、このテナントを貸していただいた大家さん、家族)

に改めて感謝です。

 

しろくま院長は9月4日に58才となりました。

中村メンタルクリニックは9月7日に22才となりました。

この年齢で しろくま院長、中村メンタルクリニックは、どんな形で

地域、社会に貢献できるか考え 心機一転、再スタートしようと思います。

 

つきましては 苦渋の選択ですが、こころと生活の相談センター「こもれび」を

閉めることにいたしました。開院して5年後にオープンして17年間ありがとうございました。

22年に一旦区切りをつけて(22才といえば大学を卒業して新社会人となる節目です。)

また新しいことを考えていきます。22年間ありがとうございました。

 

今日は 22才の別れ (風) を聴こうかな~

                   R2年9月7日