音のないコミュニケーション

テーマ:


行ってみたかった
ダイアログ・イン・サイレンス
にIDOメンバーで行ってきました。

ダイアログ・イン・ザ・ダークを逃していて…
今度こそ!!!!!という事で。

こんばんは。

何歳からでもなりたいカラダとココロになる!

の伴走をするライフスタイルコーチのいくとうひさよ(亜莉)です。


 

 無音の中のコミュニケーションって様々な方法があると思います。

アテンドしてくれた聴覚障害をお持ちのひろみんがとても素敵な人で。

エンタテナーなのです。


お子さんが2人一緒に参加したのだけれど…

集中力のもたない子供の気をちゃんと引き寄せる。


そう。

言葉のないコミュニケーションには、集中力が必要なのだなと。


汲み取ろう

伝えよう


お互いがそう思って、相手に注意を向ける事がとても重要なのだなぁと思ったのでした。


私が一番難しいなぁと感じたのは…

【ちゃんと自分の意思が伝わったかどうか?の確認】

だなぁと。


これね。

声が出せるなら、うん。とか、わかった!とすぐに伝えられるの。

たとえ、遠く離れていても。

気を向けてなくても聞こえてくる。


でもね。

声以外の方法だと、ちゃんと相手の反応を見ないと分からない。

いや、見ていても、細かな確認がしにくいのです。


普段、コミュニケーションをよく取っている相手ですらそうなのですから。

よく知らない人や。

視覚情報がない、ある意味無音のコミュニケーションである、メールやメッセージのやりとりだとなおのこと。



昨日のフェイスブックの投稿の
【信頼貯金】について書いたけど。
改めて、コミュニケーションは、意図したように伝わってこそ!!!!!
だから伝わるように伝えないとね!
そんなことを思いました。(^_^)

みんなでI Love Youの手話で、記念撮影!
左端はアテンドしてくれたひろみんでした!
素敵な時間をありがとう!


私の感想。(^_^)
でもね、外の音が少し聞こえちゃうから…
耳栓持って行ったらよかったなーと思いました。

もし、これから行かれる方は、ぜひ、耳栓持って行ってね!
小学生くらいからのお子さんと一緒に行かれるのもとてもオススメです!

 

小桃堂オーナーセラピスト

いくとう ひさよ