古民家再生をdiyで進めていく中でぶち当たったのが、寒さ対策でした

 

日本の古民家は高温多湿に備えた作りになっているので夏は比較的過ごしやすいですが、冬はとても寒くなりがちです。

 

古民家で済むと決めた以上は寒さはどうしようもないのですが、それでも少しは改善したいと思い色々と調べたのでした。

 

木製サッシ

サッシは熱伝導の弱い木製サッシを使うようにしました。

 

アルミ製サッシだと熱伝導率が非常に良いので外気の寒さが部屋の中に伝わりやすくなってしまいます。

 

ただし、木製サッシは高価になりがちなので、せめて樹脂製のサッシにすれば熱伝導率はアルミよりは低いのでまだましになります

 

ご予算に合わせてご検討してみてください。

 

ペアガラス

ガラス戸もぺらぺらの一枚ガラスではなく、ペアガラスにすることで熱損失が30%程度に抑えられるそうです

 

ただ・・・ガラス戸をペアガラスにすることで「古民家」の雰囲気が一気に壊れてしまう場合もあります。

 

そのため、ペアガラスは不評で結局採用されないケースが多いですね。

 

外観のこだわり具合で決めていただければと思います。

 

薪ストーブ

対流式の暖房、つまり風を発生させるエアコンなどよりも薪ストーブのような輻射式のほうが暖かく感じるそうです。

 

対流式の風が身体に当たると冷えを感じてしまうことから、寒さ対策としては薪ストーブなどがオススメになります。

 

ただし、メリットがあればデメリットもありまして、エアコンは水分を外に逃がす仕組みなので結露などを発生させにくいと言われています。

 

 

 

これらの対策をやってみましたが、割と暖かさが増して冬の生活はぐっと楽になりました。

 

皆様もご検討くださいませ。