古民家再生の天井について少し調べてみました。

 

古民家再生の天井で人気なのは「梁あらわし天井」というタイプで、古民家の醍醐味の一つでもある梁を天井でむき出しになっていて、内装を一気に古民家らしくさせます。

 

具体的には以下のイメージをご覧ください。

 

梁あらわし天井

 

 

 

ところでこの梁あらわし天井ですが、DIYの際に一つだけ気をつけるべき点があります。

 

それは、梁あらわし天井の古民家は天井が非常に高くなる傾向にあるということです。

 

そのため、通常の照明器具をDIYでつけても光が十分に届かず、薄暗い印象になってしまいます。

 

 

 

そのため、この梁の部分に照明器具をつけることで、梁の分だけ天井よりも下に照明器具を付けられるようになり、部屋の明るさがちょうどいい感じになります。

 

 

 

ただ、時には梁あらわし天井の古民家でも床が高い場合があり、この場合は梁ではなく天井に照明器具をつける方が、部屋全体の明るさのバランスが整います。

 

 

 

天井の高さと床の高さで照明器具のつける場所を選ぶようにすると後から後悔がないですね。