古民家の外壁塗装についてあまり事例もなく難しいと思います。

 

色々と古民家の外壁塗装の注意点について調べてみましたので共有させてください。

 

 

古民家の外壁リフォームには大きく2種類があります。

 

・張り替え

・塗り替え

 

本来であればここにさらに重ね塗りが入るのですが、既存の外壁の風合いを大切にすることが優先される古民家再生では重ね塗りを行うことはほとんどないと思って良いと思います。

 

古材を利用した板張りの外壁の場合、ケヤキやヒノキなどが使われておりまったく未だに綺麗なままで残っている場合も多いと思います。

 

古材を張り替える場合は防虫性の高い柿渋などで外見を損なわずかつ機能性も持たせることができますね。

 

ただし、いずれにしろ古民家の外壁塗装は知識や経験がないとなかなかできません。

 

知り合いの外壁塗装業者などに依頼をするのではなく、ちゃんと専門家に依頼をすることでしっかりと古民家の風合いを残しつつも何十年もその美観を維持できる古民家になります。

 

よくチェックしている外壁塗装研究所というサイトで外壁塗装業者の見つけ方などを紹介しているので見てみてください。

 

 

 

古民家の外壁塗装は専門の業者にリーズナブルな価格でやってもらうようにしましょう。