全国会員大会から早1ケ月が経ち、全国で様々な講習が開かれています。

 

【伝統的構法による木造建築物状況調査技術者】は伝統構法に特化した調査内容を学び、伝統構法のインスペクション調査を実施するための資格です。

 

宅地建物取引業法の一部を改正する法律(平成28年6月3日公布)の中で、既存住宅売買時にインスペクションの実施業者の紹介をおこない、重要事項説明時に買主に対して説明することが求められました。

 

これは既存住宅の質の不安を解消し、活発な流通を促す目的。
売買時のインスペクションの実施は、建築士で既存住宅状況調査技術者資格を持つものが当たりますが、伝統構法においてその調査項目だけでは不十分な内容となってしまいます。



[概要・お申し込みはこちら]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[一般社団法人全国古民家再生協会]

全国各地にある古民家再生協会で構成される全国組織

古民家を活用することにより環境に配慮した『循環型建築社会』を目指します

 

[一般社団法人京都府古民家再生協会]

古民家鑑定士を中心に事業者会員・一般会員で構成される組織

日本の住文化「古民家」を一軒でも多く活用する活動をしています