当協会では誠に勝手ながら、冬期休暇を下記日程とさせていただきます。
休暇期間:2017年12月29日~2018年1月8日
当ホームページなど上記期間中のお問い合わせにつきましては、 
2015年1月9日以降に対応させていただきます。

ご不便おかけ致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

***************************************************************************

 

冬期休暇のあいだは、おさらいブログでお楽しみいただいております。

 

全国古民家再生協会では、古民家鑑定にあわせ耐震診断を薦めています。

建物のどこに不安があるのを特定し、古民家の耐震や計画をする人は「伝統再築士」。

古民家に精通した建築士です。

 

通常の耐震診断では、図面上の壁配置などで強さを計算するだけなので、施工技術やそもそも図面が正確なのか不明点が多いため実際の地震に強いかどうかの実証が難しいです。

 

【伝統耐震診断】は、大きな地震が起こった際に建物がどのように変形していくか、現地で測定器を設置し 地盤と建物の微振動を捉えることで、測定数値で強さも見えるため安心感が違います。

 

日本の住文化であるKOMINKAを、未来の子供たちのために・・・

 

費用は一物件につき12万円(消費税・交通費別途)。

*施工前、施工後診断を行なうことを必須


 

 

 

 

 

 

 

[一般社団法人全国古民家再生協会]

全国各地にある古民家再生協会で構成される全国組織

古民家を活用することにより環境に配慮した『循環型建築社会』を目指します

 

[一般社団法人京都府古民家再生協会]

古民家鑑定士を中心に事業者会員・一般会員で構成される組織

日本の住文化「古民家」を一軒でも多く活用する活動をしています