伝統再築士資格者もまもなく1000名に達する状況です。

 

既存不適格住宅として排除されていた古民家(伝統工法)を取り巻く環境は年々変化し、日本の素晴らしい家屋として古民家はブームとなり定着してきました。一般社団法人日本伝統再築士会では、古民家をブームとして終焉させるのではなく、日本の文化として定着させるため、有資格者のスキルアップならびに各地に支部が立ち上がり活動を開始しています。

 

 

現在、全国21地域にて【勉強会】が開催されています。

・古民家(伝統工法)でのフラット35Sの申請

・長期優良住宅化リフォーム推進事業補助金等に関して

・リフォーム瑕疵保険付保に関してなど

 

伝統再築士を有する資格者

活動にご興味ある一級建築士事務所代表者向け。

各会場参加費用は無料。 [お申し込みはこちら]

 

 

 

 

 

 

[一般社団法人全国古民家再生協会]

 

[一般社団法人京都府古民家再生協会]

-

[古民家鑑定士試験情報]

AD