お寺の本堂の床改修工事では、畳敷きを一部残してタイルカーペットにします。もちろん双方とも床下断熱を施します。畳を残す部分には、幅5寸6分の敷居を入れて仕上げます。敷居は3本継ぎなので施工が大変手間取りました。