変わった形をした木を「変木」と言います古民家で見かけることがあります。特に、床柱や床の間の落とし掛け(鴨居)等によく使われています。大工棟梁の想いの現れでもあります。