拝殿にも濡れ縁と高欄があり、ペンキ塗装と経年劣化と水腐れにより廻廊桁下を残し全面的に修繕取替をしています。勿論色付けはしません。