今の住宅の殆どは、工場生産のプレカットで加工された構造材を、大工(❓)と思われる作業従事者が組み上げて、メーカー既製品を使って仕上げています。職人の技術など必要がない住宅です。そのため、職人自信が墨付けをして手刻み加工をして家造りが出来ない人ばかりになってきています。大工さんがいなくなってきているのです。そんなことをしていれば日本の伝統的な住まいを残していくことが出来ません。しっかりとした家づくりをするためにも、大工職人を育て、大工棟梁を育てる必要があるのです。