地元、佐々川では春の風物詩「シロウオ漁」が最盛期を迎えています。2月中旬から3月末までの期間、多くの四つ手網が川面を賑わせています。満ち潮時に産卵のために遡上するときをに漁が始まるため、限られた時間での勝負であり、自然任せの漁なので、それがまた醍醐味のようです。