「ハンドプレカットで家を造る」ということは、大工職人が技術を駆使して一つ一つ材料の選定して墨付けをして丁寧な加工をします。そのため、手間がかかるのですが、その分しっかりとした軸組となり100年200年と維持が可能な建物となります。今、巷で常識とされている工場生産のプレカットとは、全く比べ物になりません。今の常識が正解と思うと、大変な間違いを貰うことにも繋がります。要注意です。
ハンドプレカットをするためには、大工職人が必要となります。しかしながら今の住宅事情では墨付けを出来る職人が激減しているのです。そのため職人を育て大工棟梁を育てることもしなければ、木造建築の未来はありません。そんな中、大工棟梁になりたいと強い意思を持った若い大工職人が学び挑戦しようとしています。私も含め、現在、大工棟梁として活躍している全国の仲間が育成事業に参加して、伝統的日本建築を未来へ引き継ぐために頑張っているところです。