久しぶりの懇親会❓・・・いいえ❗
食事会です。ノンアルコールで乾杯🍺×🍻
古民家好きのオヤジ二人です。これからも、助け合いながら活動していきます。


全国古民家再生協会全国各地の支部が一斉に集いWEB例会が開催されました。コロナウィルスの影響で全てが変わってきた取り組みとなり、これから先、変化の時代の幕開けとなりそうです。



6日から異常な雨に県内各地で被害が出ているようです。幸いに我が町では、大きな被害はないものの、避難している方もいるようです。予想もつかない雨に人々は為す術もなく、只々命を守るべき行動をとるしかありません。それでも犠牲者は絶えません。残念です。我が町では、昭和42年の大雨で二級河川の佐々川の土手が崩壊し、町並みが水害に見舞われ大きな被害を経験しているのですが、その後も数回水害に悩まされてきました。それらの対策として、大きなポンプで平坦地に貯まる雨水ゃ山からの流れ込みを排出する設備が整備されたため、近年では水害に悩まされることがなくなりました。ポンプのお陰です。今回も、フル稼働で排水されていたため、今回の大きな雨でも水害に会うことがなかったことに一安心です。




種を撒いていないのに数本のひまわりが咲きました。希望の向日葵のように。🌻🌻🌻


古民家が空き家となり解体され日本の住文化が少しずつ衰退しています。現代住宅を見れば全国何処に行っても同じような建物が建ち並んでいます。古民家が多く存在していた時代は、地域性が濃厚に見られ、その地域の特色を活かした家づくりがありました。日本の住まいを知る上では大変貴重な古民家とも言えます。
そんな古民家を未来の子供たちのために残し、存続させていくには、今ある古民家を最大限に利活用していかなければ残すことが出来ません。それには自治体としっかりとタッグを組む事が必要となります。