床改修工事で、畳敷きをタイルカーペット仕上げとするため、全面的に改修です。大引きも組み替えをしての施工となります。元々、束柱不足で補強が必要だったため、良い塩梅となりました。



屋根改修工事では、瓦棒板金の施工が大詰めを迎えています。板金押さえ加工機を使って仕上げていきますが、屋根勾配があるため補助的に引っ張りあげなくてはなりません。大変な作業です。




40年程前に建てたお客様から、和室の天井の張替を依頼されました。久しぶりに当時のことがつい最近のように思い起こされ、お客様とも思出話に花が咲きました。お客様は、手が器用なため、ほとんどのメンテナンスを自分自身でされていたため、住まいとしては問題無く良い状態でした。自負するつもりではないのですが、壁の隅々には隙間がなく、建具の建て付けも隙間無く良い状態で、心のなかで「ガッツポーズ」👍あ客様も、あと百年は大丈夫❗と太鼓判を頂きました。ありがとうございました。🙏



今月も、ジャパトラを配布しました。手配りには限界があるのですが、出来る限りの配布をしています。多くの皆さんに手にとって頂ければと思います。