古民家の柱 | 武知美穂の古民家再生ブログ

武知美穂の古民家再生ブログ

古民家の保存・再生の魅力を、四国から発信しています
http://www.ehime-kominka.com/

現在、新築住宅に使われている杉柱の小口。


だいたい樹齢12〜15年くらいです。




年輪の間隔も広い。


それに比べて!


古民家に使われている柱の小口は!




年輪の幅も狭く、目が詰まってます。


この柱は、築120年の古民家で使われていた柱です。


下の写真の柱は!




築135年の古民家で使われていた柱です。


この違い、わかりますか?


古民家に使われている木材は、とても質の良い木材なんです。


それ故に、少し手を入れるだけで再生が可能です。


古民家を壊そうかな?とお考えの方は、その前にご相談ください!



株式会社エコミン

Kominka-ehime@nifty.com