米五のみそ みそソムリエ はまちゃんブログ

米五のみそ みそソムリエ はまちゃんブログ

福井県の大本山永平寺御用達の味噌屋
「米五のみそ」はまちゃんのブログ。
味噌について、日々の出来事について綴ります。

Amebaでブログを始めよう!


米五のみそのはまちゃんです😊



今日は嬉しいことがありました♩


MRO北陸放送のニュースを観ていたら、見覚えのあるアナウンサーの方が!


気になって調べてみると、久保田修平さん。


{462F1923-D3C2-48DF-A6EF-840D012F0E1A}

↑写真一番右の方(画像は過去のものです)



実は3年半前に、


「キラリ★輝く」福井の会社を見つけよう

学生記者が伝える企業レポート発表会―


という、福井県労働政策課とふくいジョブカフェ主催の企画があり、その時に学生記者として米五に取材しにきてくださった学生さんのうちの一人がなんと久保田さんでした。


当時の私のブログはこちらから。





4名の学生さんのうち、久保田さんは笑顔がとても素敵で、取材を受けている時、何気ない会話をしている時もとても聞き上手だったので特に印象に残っていました。


私はこの頃入社3年目、社内だけでなく社外の方との交流も多く、一つ一つに刺激を与えられる日々の中でこの企画に携わらせていただきました。


私自身、元々人前で話すことはとても苦手でした。


しかし、この企画の集大成として学生さん達が福井テレビのホールで堂々とプレゼンしている姿を見て感銘を受けました。


どれだけ練習しても、本番で大勢の前という舞台では誰でも緊張します。


その中で堂々と、そして楽しそうにプレゼンする姿を見て、私も人前で話すこと、日々発信すること、視野を広げること、、たくさんのことを頑張ろうと背中を押された大切な一日でした。




その久保田さんに、まさかテレビ越しにお会いできると思っていなかったのでとてもびっくりしました。


久保田さん、これからも頑張ってください!


応援しています(*^^*)



当時、取材、動画編集、アナウンスまで全て学生さん達で制作された動画はこちらから。


よかったらご覧ください



米五のみそのはまちゃんです😊



先日の本屋大賞では第3位、そして毎年恒例であるみそ屋大賞の第1位に輝いた「屍人荘の殺人」。


出版社である東京創元社さんへ、クリスタルの盾、米五の商品と共に、読んだ社員の感想をお送りしました。


{F7EA4968-1C2D-4FF6-A249-C19F5E75599B}



本の内容に沿ってみんな化けてみました(笑)



後日東京創元社さんからお礼のお電話をいただき、なんとHPでも掲載していただきました!


詳しくはこちら、4月13日投稿記事をご覧ください。




クリスタルの盾、米五の商品以外に、読んだ社員の熱い気持ちも今村さんの元へ無事に届いたようでなによりです。



各個人でただ本を読むだけではなく、皆で楽しみながら読むっていいですよね♩


今村さん、おめでとうございました。


今後とも応援しています


米五のみそのはまちゃんです😊



4月が始まり、多くの会社で入社式が行われていると思います。


米五では、ちょっと変わった入社式。


{DC11A063-47EE-4ED5-8A73-AD5B89C84EA7}

なんと「みそ作り入社式」を行っています。


これは社長直々に教えてもらえる貴重な式で、お味噌が熟成する8ヶ月頃には本人も熟成して仕事に取り組んでいるかも!?というユニークな取り組みです。


自分で作ったお味噌は一番美味しく感じられるのですが、入社して初めての作業がみそ作りということで、深く印象に残るのではないでしょうか?





今年入社した岡さんは、この春大学を卒業。昨年からアルバイトとして店頭に立ってもらっています。


先日管理栄養士の資格に見事合格し、今後は店舗だけでなくみそカフェのメニュー考案など、大学で学んだことを活かしてもらいます。


マラソンやバスケが得意でアクティブな岡さん、これから米五の一員として一緒に頑張っていきますので、皆さん応援よろしくお願いします



米五のみそのはまちゃんです😊



今年もみそ屋大賞が決定しました!!



みそ屋大賞とは💡

米五のみそ主催。2014年から大賞を選出。

全国の書店員が選ぶ本屋大賞にならったもので、1月に発表される同賞ノミネート10作を対象に、各自「ノルマ本」1冊を含む3冊以上、10作の合計ページの3分の1以上になるように本を選ぶ。自分の読んだ本が4冊の場合は3210点を付けて投票。総得点が髙い本がみそ屋大賞に選ばれる。本屋大賞に先駆けて決定し、受賞作品には表彰盾や味噌等をお贈りしている。





過去にみそ屋大賞となった出版社の方へ、読んだ社員の感想等をお贈りしたところ大変喜んでくださり、直々に米五にお礼のお電話をいただいたこともあります。


本を読んで味わい深い作品を選ぶ、各自の想いを届けることでそれが更に誰かの喜びに繋がることは、私達にとっても予想外の喜びです。



例年だと社内のメンバーに向けて感想をプレゼンしたり、身内での投票、発表となるのですが、今年で5回目となるみそ屋大賞はなんと、福井市立図書館にて公開発表させていただくことに!!


{F3C07566-584E-4578-85B4-CCD91D6BCED8}

20名以上のギャラリーの方に囲まれながらのプレゼンは非常に緊張しました。


いつもと違う緊迫感の中でいかに気持ちを伝えられるか、また、他の社員のプレゼンの仕方も勉強になりました。






そして気になる結果発表は






























5回みそ屋大賞は…


































「屍人荘の殺人」に決まりました!!


おめでとうございます🎊


2位の「かがみの孤城」とは僅差でした。


{D71751C4-8A6C-4A4C-BC2B-1F443A4286A9}


私も読みましたが、こちらの作品は本当に面白かったです!


SF的なところもあるので、現実的な本格ミステリーを好きな方にとってはう~んと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ミステリー初心者の方や、本自体をあまり読まない方にはとても読みやすくわかりやすい作品だと思います。


私は夜読み始めて、先が気になって手が止まらず、結局徹夜して一気に読んでしまいました(^^;)


それくらいオススメの1冊です。




本家の「本屋大賞」の発表は410日。


果たして、みそ屋大賞の結果とはどのような違いが出るのでしょうか?


発表の日がとても楽しみです



発表の場にお越しいただいた皆様、貴重な場を設けてくださった福井市立図書館のスタッフの方々、ありがとうございました。






米五のみそのはまちゃんです😊



毎年恒例となっている福井県立農林高等学校へのみそ作りの授業、今年も行ってきました。


こちらでは自分達で育てている大豆を使うので、米五からは米こうじだけを持参してきます。


{432B7E50-27BF-4A30-937B-C1C78B2763C2}

(写真は社長のFacebookから引用)



思えば、社長に同行して農林高校へ行くのも今年で6回目。


最初の頃は大豆がなかなか柔らかくならなかったり、段取りが分からずお昼休みまで差し掛かってしまったりとバタバタでしたが、年々効率よく時間内に終えることができるようになりました。


生徒さんも作業しながら洗い物をしてくれたりと、とても段取りがよくスムーズに進めることができます。



また今回の授業では、自分以外のグループの大豆を潰す作業(一番大変な工程)をずっと手伝ってくれた女の子が印象に残りました。


どんなに自分が忙しくても、周囲に気を配ることができるって大切ですよね。


些細なことですが、なんだか考えさせられました。




今回作ったおみそは、毎年11月に開催される「農文祭」で実際に一般の方々に学生さん達が販売します。


実は昨年農文祭に行ったのですが、お昼前にも関わらずみそは完売とのことでゲットすることが出来ませんでした(>_<)大人気でなによりです!


今年こそは…行けたらおみそゲットしたいです