睡魔 | 農游徒然日記

農游徒然日記

このブログはお米作り、特に自然乾燥天日干しに拘った稲作を中心に、家庭菜園程度の野菜や果物栽培などの様子を更新して参ります。
また、農産物検査員の資格もあり、検査の様子やその立場からみた農産物についてのコメントなども、取り入れていきたいと思っています。


テーマ:
ようやく無事、今年2巡目の草刈り作業が終わった。カメムシ被害を極力避ける為に、遅くとも出穂期の10日程前迄には終わらせる必要がある。
先月の下旬から毎朝眠い眼を擦り、時には頭から水をぶっかけながらも、何とか無事に終わらせる事ができた。欲を言えばもう少し刈りたい箇所があったものの、「妥協」も必要である。でなくとも最初に刈ったところは既に草が伸びてきており、キリがないのである。
後は稲の出穂を待ち、結実が進み米粒がある程度硬度を増すまでは(8月下旬頃迄)草刈りを控えなければならない。それ迄の間、暫しの骨休めといきたいところだが、今度は庭木の手入れ、剪定が待っている。
早起きは三文の得と云われるが、日中、特に昼食後の瞼は実に重い。仕事に差し支え、確実に三文以上は損をしてそうだが、それもまた致し方なし。

◆余談 <いい話!>
先日強引に強行採決された安保法案に対して、涙がチョチョ切れるほどいい話(7月19日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」)がハフポストに紹介された。
お笑い芸人の松本人志氏のたとえた自動車事故は、論旨、争点が全く違ってくるが、長渕剛氏は次のように訴えた。
「戦争に行くのは自分たちではなく子供だ」と述べ、戦争に行かない人々が議論すべきことは「戦争を起こさないようにするにはどうすればいいかだ」
まったくもってそのとおりである。

安保法案について松本人志「このままでは当て逃げされる」、長渕剛「戦争に行くのは子供だ」


 

フォト短歌「朱と黒雲」



いわい天然乾燥米「元氣」さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス