金山棚田とあじさいの競演 | 農游徒然日記

農游徒然日記

このブログはお米作り、特に自然乾燥天日干しに拘った稲作を中心に、家庭菜園程度の野菜や果物栽培などの様子を更新して参ります。
また、農産物検査員の資格もあり、検査の様子やその立場からみた農産物についてのコメントなども、取り入れていきたいと思っています。


テーマ:



先日、仕事の合間を縫って気になっていた金山棚田に足を運んでみることにした。
この時期はアジサイが咲いている筈。棚田を背景にアジサイの写真も良いのではと。
ただ、訪れた時間が午後2時頃と、太陽がさんさん降り注ぐ中での撮影はピーカン写真ばかり。やはり撮影も釣りも朝まずめに限る。

金山棚田の場所は岩手県一関市舞川唐ノ子地区。江戸後期に開田されたとされる棚田だ。
鬱蒼と茂る杉の木立に囲まれた42アール程の丘陵地に、百数枚の棚田がひしめきあい、ノスタルジアを想起させる原風景が広がっている。
予想どおり、棚田を囲むように植えられたアジサイが見事に咲き誇っていた。
その様子を動画に収め、序盤の写真には以前撮りためておいた田植え後の風景、終盤には稲刈り時期の様子も収めてみることにした。
近くには3百種40万株を有するみちのくあじさい園もあり、今が一番の見頃を迎えている。


  

フォト短歌「棚田とあじさい」  

いわい天然乾燥米「元氣」さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス