女は二度決断する | かっこいい女への道 40代マインド・ ファッション・トータルライフコーチング

かっこいい女への道 40代マインド・ ファッション・トータルライフコーチング

40代ファッションブログ ユニクロコーデ ユニクロファッション プチプラコーデ アラフォーファッション アラフォーコーデ 大人カジュアル コーチング セルフコーチング 40代生き方 白いインテリア


テーマ:





先日観た映画が、











2000年~2007年にかけ、

ドイツで実際に起こったトルコ移民に対する

連続テロ事件に着想を得て作られた作品。










ドイツのハンブルグ

幸せに暮らしていた女性(ダイアン・クルーガー)は

ある日、爆破テロにより愛する夫と幼い息子の命を奪われる・・・











とにかく暗く重く、

重く、暗い、

悲しいとか、切ないという次元をはるか越え、

その重さに胸が苦しくなる内容であり、展開であり。。

途中、視覚的な描写がどうとかの問題じゃなく、

内容の重さに耐えきれず、

うんざり・・・

という表現は語弊があるかもしれないけど、

まともに観ていられなくなり、

スクリーンから一瞬目を背けてしまった。

多少の強弱はあるけれど、

終始そんな感じで、

ただただ、

次から次へと映し出される展開を

目で追っていくしかなく。

そして衝撃ともいえるラストシーンでは、

奈落の底に突き落とされたような感覚で

頭の中が真っ白になった。


















見終わった後、

エンドロールと共に、

控えめに流れる曲を聴きながら、

そして時々、

その曲の歌詞(字幕)に視線を送ったりしながら。。。













『監督はなぜこの映画を作ったのか?』

『なぜこの結末だったのか?』











必死になって、

自分なりのその答えを探し出そうと、

様々な思いを巡らせていたら・・・







不思議と、

心が広がっていくような、

あらゆるものに対して寛大になるとか

寛大になりたいとか、

他、

今まで考えもしなかったこと、

しかもいろんな種類の、

いろんな思いがかけ巡り、

それらはこれからも静かに続いていくような気がする。








とてもじゃないけど楽しめない作品であり、

素晴らしい作品でした。













40代ファッション・ マインド komatsu1108さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.