川越で路上ライブする徳永英明大好きシンガーソングライター小松純也のエッセイ ブログ『うたをうたう』

平清盛の直系の末裔で知能指数180超のギフテッド。川越で割りと頻繁に路上ライブを行うシンガーソングライターの小松純也です。武道館でライブをするのと徳永英明さんと共演するのが夢です。貴方の応援が活力です!可愛がってください!目標は魏武帝曹操です。


テーマ:

生産性の少ない部分にコストを割けば当然富の分配は非効率になる。

この基本的な事が解っていない人が多い。

 

小学校でまともに勉強をしていれば解る事なのだが、

そもそも社会というのは富の再分配のシステムである。

 

そして、

リスクを負いながら、

生産物の源泉を抑えたのが王侯貴族である。

 

太古の昔は、

生産物の源泉は暴力によって奪い合われた。

そのリスクを避けたりする為に、

原泉に居る者達には多くの富が必要だったのだ。

 

だが現代はどうであろう?

 

近代的先進国におけば、

ヤクザやマフィアのドンでも、

なかなか命の危機には陥らないのではないだろうか?

 

であれば答えは明白で、

富を生産性に応じて適正なる分配を行うべきなのだ。

 

資本主義社会において、

経営者の報酬が高いのは、

創業時の出資(労力であったり時間であったり資本であったり)する、

そういったリスクに対する対価である。

 

だけれども、

現在は事業家の起業が投機的なマネーゲームの様相を呈しているのではないだろうか?

 

継続的な社会貢献性の高い事業よりも、

一過性の収益性のある事業が乱立し、

そこであぶく銭を手に入れた事業家達が死に銭を使う。

こういった事が多く起きているのではないだろうか?

 

また行政におけるコストもそうである。

非合理で非効率な業務フローシステムで、

無駄に人件費を浪費し、

国会議員や都知事が経費を私用で使う。

 

そもそも行政は国家予算を集める税という富の再分配である。

国家の富をより国家を強靭に国民を豊かにする為に再分配する為のシステムだ。

 

たかり意識の公務員生活の為のシステムではない。

 

その辺りを忘れているから、

日本は不況なのだ。

 

適正なる富の再分配が行われれば、

きっと不況は脱せると思う。

 

皆自分の事ばかり、

自分が得する事ばかり考えているから、

だからこのような体たらくな訳である。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。