モニプラさん企画で
オーガニックコットンの株式会社アバンティ さんから


小町家の食卓3番館


オーガニックコットン100%のさらし木綿


をいただきました。


小町家の食卓3番館


さらし木綿…


「包丁1本さらしに巻いて~♪」と
古い歌が思い出されますが
どうやって使うと思いますが
私は普段、和菓子を作るときに使ったり
柚子湯に入るときにつかったりしています。


今回送っていただいた
さらし木綿は
いわゆる“さらし”ですが


オーガニックコットン100%
    &
Made in Japan!!


小町家の食卓3番館


オーガニックコットン100%だけでも魅力的ですが
国産っていうのは魅力的ですよね。
静岡県浜松市で作られているそうです。


小町家の食卓3番館


さっそく触ってみると


小町家の食卓3番館


さわり心地がいいです~ラブラブ

とっても気持ちがいいですね。


さらし木綿と言っても
なじみのない人が多いと思うのですが
結構いろいろな使い方が出来るんですよ。


さっそく使ってみました。


まずはラップの代わり


小町家の食卓3番館


適当な大きさにカットして
お水で濡らしてお皿にかぶせれば
電子レンジのときにラップの代わりになります。


私が一番使うのは


小町家の食卓3番館


パン作り


パン生地を発酵させるときには
ラップよりもさらし木綿がいいんです。


ラップだと生地がついてしまった時に
扱いにくいのですが
さらし木綿だとくっつきにくいのです。


すし飯を冷ましておくときにも

いいです。


小町家の食卓3番館


飯台にピラリ~ラブラブ



2つ目は、お風呂の手ぬぐい


乾燥肌には、ナイロンのスポンジって
あまり良くないそうで
スポンジかわりに手ぬぐいを使うと
肌を痛めないんです


特に固形石鹸のときに
スポンジ代わりに 手ぬぐいを使うと
泡も気持ち良くて
心地よく洗えます。


3つ名は和菓子作り


生地を扱うには毛羽立たないし

生地がつかなくて扱いやすいんです。


小町家の食卓3番館


今日はお団子づくり。


小町家の食卓3番館


さらしの上だとこねやすくて

扱いやすいです。


作ったお菓子はこちら。


小町家の食卓3番館


あとで詳しく披露しますね。


それと、今回まだチャレンジ出来なかったのですが
やりたいと思っているのは


小町家の食卓3番館


刺し子の小物つくり


綿布を重ね合わせ一面に細かく刺し縫いにする「刺し子」。
以前から気になっていたのですが
このオーガニックコットン100%のさらし木綿で
色々なものを作りたくなったので
本を探してみました。


近いうちに、コースターや
オリジナルてぬぐいを作って
みなさんにお披露目したいと思います。

このさらし木綿、
色々な使い方が出来るので
上手に使うと
環境にも私にも優しいエコライフが過ごせそう。


本当に良いものを見つめなおして
気持ち良いエコライフを送ってみたいと思います。





オーガニックコットンのプリスティン



 アバンティ ファンサイトファンサイト参加中