お米が底を尽きそうだったので

最近今まで以上にパン焼きに励んでいましたが

この苦難な時期を支えてくれていたのが


OTOMEパンマット


パンを焼くのにとっても大事なアイテムのパンマットですが

このパンマット、ただのパンマットではないのです。


日本パンコーディネーター協会公認の

パンコーディネーターエキスパート・

伊藤真由美(いとまゆ)さんプロデュースによる、


「理想のパンマット」 ラブラブなのです。



小町家の食卓3番館


素材は 厚地帆布

サイズは 45センチ×105センチ


とっても しっかりしていて、広々です~ニコニコ


小町家の食卓3番館


色は、ホワイトとイエローと2種類。

私はイエローをチョイスしました。


理想のパンマットで今日は


全粒粉のミニバゲットに挑戦!!


姉が全粒粉のパンが大好きなので

お土産に出来るかな~。


まずは生地作り。

ボールの中で手でこねこねしたあと

OTOMEパンマットで生地お休み。


小町家の食卓3番館

お休み中・・・。


次は、成型ですが


小町家の食卓3番館


こねこねしても、生地がつかない目


すごーい。


最初、OTOMEパンマットを使い始めたとき


「布のパンマットって本当に大丈夫??」


と思ったけど

このOTOMEパンマット、本当に生地がつかない。

すごく使いやすい!


小町家の食卓3番館


あっという間に、キレイにまんまる・・・。


このままでもいいのだけど、

今日はミニバゲットなので

ここから、もう少し成型。


OTOMEパンマットはとっても広々なので

生地を休ませていても

ちゃんと成型スペースがあるんです。


お便利~。

小町家の食卓3番館


生地がいっぱい置ける音譜


今までペストリーボードを使っていましたが

成型すると、終わった生地を休ませる場所がなくて

いつも困っていました。

まな板にキッチンペーパーを敷いて

置いたりしていましたが

作業の効率落ちるんですよね。


成型した生地を置いて、どんどん作業が出来るって便利!


しかもすごいのは


打ち粉がいらない!!目


パンマットの上に生地をのせると、

程よく水分が抜けてくっつきにくくなるという特徴があるそうですが

打ち粉なくてもラクラク作業が出来るんです。

すごーい。


小町家の食卓3番館


めん棒でぼばしても、くっつかない・・・。


おかげですごくスムーズな成型ラブラブ


ストレスフリーなパンマットです~ニコニコ


小町家の食卓3番館


ラグビーボール型にして、2次発酵へGO!!


そして、190度で12分焼いて出来上がったのは


小町家の食卓3番館


全粒粉のミニバケットの出来上がり~ニコニコ


小町家の食卓3番館


お~、キレイに焼けましたチョキ


しかも、このOTOMEパンマット

使い終わった後、こんなにキレイラブラブ


小町家の食卓3番館

粉を振るい落として、風通しのいい場所に

つるして保管するといいのです。


小町家の食卓3番館


ちゃんとパンマット中央上部に、

「引っ掛け紐」があるの。


気が利くね~。



小町家の食卓3番館


今回は、下にノンスリップシートを敷いて使いました。

これで本当にすべりませんでした。


OTOMEパンマットを2ヶ月ほど使っていますが

ここれ、本当に


理想のパンマットです。


超おすすめ~


パンコーディネーターが企画して

何度も試作して出来上がったというのが

私は納得できました。


キッチンが暖かくなってきた

パン焼きにはとってもいいこれからの時期に

OTOMEパンマットで

パンを焼こうっと☆


パン作り、楽し~い音譜


OTOMEパンマットの詳細はこちら です。