加藤こまのクラニオセイクラル・バイオダイナミクス♡

加藤こまのクラニオセイクラル・バイオダイナミクス♡

クラニオセイクラル・ヒーリング・アート / オフィシャル・サイト : http://healingart.jp

クラニオセイクラル・バイオダイナミクスの特殊用語 Primary resipiration 

すなわち、原初呼吸、または訳す人によって第一呼吸とも呼ばれているね。

 

この原初呼吸を表す体の仕組みはこうです...

 

肺や心臓などの臓器による運動ではなく、体の中の液全体を媒体として

どこか、体の、または存在の中心から湧き上がって来るような広がり、

また、どこか、体の、または存在の中心に消え去っていく感じ - を起こします。

 

筋肉の収縮、血液の流れに関わりなく、

律動的に、呼吸のような、または潮の満ち引きのような運動が体に起こります。

 

運動として知覚されるのは実質的な細胞や組織に表されるからですが、

実は、原初呼吸または満ち引きのようなタイダル・モーションを

推進している力そのものを知覚していると言った方が正しいでしょう。

 

触診技能が高まると、骨や膜の運動といった具合ではなく、

体の中に表れる運動は、さらに繊細な呼吸として知覚されるようになります。

 

しかし、組織の緊張や癒着、鬱滞なども明確に捉えることができます。

 

実質的な体に表される動きは大海の満ち引きによって

浮かび上がったり引いて行ったりする海藻のようなものです。

 

例えば、クラニオアル・モーションと呼ばれる関節の回転運動は

海藻が満ち引きによって回転するような動きです。

この海藻に回転を起こす満ち引きこそが推進する力であり、

タイダル・モーションなのです。

 

 

体の緊張とは、海藻が互いに絡み合って

その動きに制限がかかるようなものであり、

もし、タイダル・モーションの満ち引きの元気がよいと

湧き上がりや引きが力強く、絡みを解いてしまいます。

 

潮流そのものと、海藻の動きを同時に知覚します。

 

ゆえに、クラニオバイオの施術者は体の制限を解くための介入や

小手先の組織間の引き離しなど行いません。

 

タイダル・モーション(満ち引きのような動き)を正確に知覚し、

その力を増強することに注目します。

 

この方法がとても力強く組織間の癒着やねじれの解消を誘います。

 

原初呼吸やタイダル・モーションはゆえに、

液や細胞、組織と言った実質の下にあり、その推進力は

体の実質を超えた特殊な作用と言えます。

 

クラニオセイクラル・セラピーは進展し続けています。

緊張した組織や緊張そのものではなく、推進力を優先します。

 

---------------------------

 

クラニオセイクラル・バイオダイナミクスの初心者コース

『Breath of Life & Stillness』

 

日時:2018年6月7日〜10日の4日間コース(午前10時〜午後5時30分)

受講料:88,000円

場所:東京都品川区西五反田2-23-1スペースエリア飯嶋2F

お問い合わせ先:info@healingart.jp

 

オフィシャル・サイトで確認:http://healingart.jp

Craniosacral Healing Art