こんにちは!
Kotoです。

あれよあれよと3回目の採卵です。
D9の23:00に鼻スプレー、D10の18:00と24:00にボルタレン座薬してます。

当日は、カバンが浮くほどの満員電車…
コロナ禍とは思えませんえーん
が、行かねばなりません!
今回は持ち込みなので、押されるし不安になりましたえーん

8:15 クリニック到着(指定の時間ギリギリアセアセ)
8:20 4階で受付
8:25 8階 培養室へ提出
8:30 8階 ナースセンター
8:55 採卵
9:30 9階で待ち 培養士・医師との話
11:20 会計

このような流れでした。

犬しっぽ犬からだ犬からだ犬からだ犬からだ犬からだ犬あたま

今回は採卵数1つでしたが、1回目採卵のときに体がビクッとなった時の次に痛かったですえーん
咄嗟のことで声は出ませんでしたが、痛いよ~~~。
しかし、安静後、止血ガーゼを抜いたらそんなに出血しておらず。ほぼ白いガーゼ!1個だからかな。

培養士さんによると、見た目的には綺麗な成熟卵だそうでキラキラ
よかった…ひとまず安心です。
受精方法ですが…
これまでの成績をまとめると、

①体外受精→異常受精
②体外受精→正常
③未熟→成熟→顕微授精
④体外受精→受精せず
⑤体外受精→レスキューICSI
⑥体外受精→正常

体外受精5個に対し、正常受精したのは2個。確率で言うと40%。
通常、体外受精で70%の受精率で顕微授精と同じくらいとのことで、今後は顕微授精メインでいくことに決めました。
今回は特に、1個しかないので、また精子が2個入っちゃうと培養中止になってしまうので、より確率の高い方に。
これでも100%ではないですからねアセアセ
あとは培養士さんと天に任せます!

前回の発育が止まってしまった⑤と⑥の受精卵についても教えていただきました。
だいたい細胞10個くらいで止まってしまったそうです。

今回、年配のベテラン培養士さんが担当して下さったのですが、
「生まれた時から卵の数は決まっていて、それぞれ違った個性をもっているの。
それが、別の個性を持った精子と一緒になってまったく違う個性の受精卵ができる。
それぞれ個性だから。」
と、励ましの言葉をかけてくれました。
その言葉で霧が晴れたような気持ちに。
1個1個、それぞれ個性を持った卵たちだったと思うと、とても愛しく思えてきました。
あとは卵の力を信じるしかないですね。

今日からピル(ソフィア)、抗生物質。
わすれずに飲まねば。

受精確認メールは翌日14:00!
今からドキドキしますが、信じて待ちます。

犬しっぽ犬からだかかった金額犬からだ犬あたま
消耗品代 40,000円
採卵費用3回目・精子調整 媒精 188,870円
合計 1,540,388円


今欲しいもの!
店頭で見て、サイズ感も質も良いラブラブ
もうすぐマラソンはじまるし、ポチっちゃおうかなぁ。
何色がいいかな??
↓↓↓