こんにちは。

 

ちょっと怖いタイトルですいません。

 

少し前に、尊敬しているTTさんとお久しぶりに話す機会があり、その時にふと。

 

「呪いってあるんだよな」

とTTさんがおっしゃった言葉を思い返す瞬間があります。

その、「呪い」というのは。

 

間接的や直接的などでの誹謗中傷や、本人への悪意や嫉妬や敵意や快楽的発散と自己満足、著名人や個人や団体を攻撃する事での自己肯定。自分が何者かになったような、何者かになりたいという欲求解消・・・etc。

 

言葉に出したら恐ろしい言葉。

 

敵意がある言葉は、相手の心を打ちのめします。相手の心は見えていないだけで、深く傷ついています。

直接言われたときだって、ニコニコ笑って返す裏で、いっつもその敵意に心や思考を奪われ負を抱えてしまいます。

 

深イイ話に出演させていただいたとき、最後に私は言いました。

「大っ嫌いを作ることを恐れない、無関心が一番よくないこと、大っ嫌いが生まれるから大好きが生まれる」と言いました。が、それはあくまで仕事に対しての話しであって、プライベートまで大っ嫌いを向けられてもそれは受け止められません。

 

でも、敵意を向けられたことに対して「テレビで言ってたじゃん、大っ嫌いを作るんでしょ?無関心が一番嫌なことなのでしょ?」と言われましても、それは絵の仕事での大切にしていることで、プライベートな、ただの小松であるときに向けられたら、それは防御力なしでサンドバックになるようなものなのです。

 

もちろん、仕事で向けられる敵意を全て受け止め肯定して生きていくほど私は強くないです、じゃあなんでそんなことを言ったのか?大っ嫌いを認めて生きていくことが大切なことだからです。それもまた人間の感情を動かした結果だからです。

なので、私は極力思いつめないように SNSはSNS担当者に全て任せ、日々制作に専念しています。基本、送られてきたメッセージは全て会社が目を通しています。

 

あなたの見ているそのサイト、本当のことを切り取って書いた記事なのでしょうか?

人の悪意だけを煽ったサイトばかり見ていることはありませんか?

 

人が発した悪意や敵意は、相手に「呪い」のように付きまといます。

その「呪い」は、生きることへの活力を失わせます。

 

正義で言った言葉でも、その自分の正義が相手に当てはまるまでしっかりと伝えなくては、その人の心を傷つけるだけなのかもしれないですね。もちろん、きちんとした関係性があるのであれば、その言葉は叱咤激励となるでしょう。

 

人一人の力は偉大です、あなたも私もちっぽけじゃない。それは、地位も名誉も貧富の差も関係ないのです。

 

そんな力をプラスではなく、負で満たしてしまうなら、それは悲しいことです。

知らない間に「悪魔的な呪術師」にならないで下さい。

 

悪意の発散で欲望を満たす快楽を覚えてしまうと、そこから戻るのは大変なことです。

光を見てください。

純粋であること、無邪気であること、嫉妬を持たないこと、他者のことばかり気にする事から解放されること、自分を縛り付ける呪縛からあなた自身を解き放ってください。

 

悪で苦しみから解放されることはないのですから。

 

どうか、自分がどれだけ大きい存在か知ってください。

 

 

 

 

しとしとと雨粒が葉を伝う早朝、私は高野山・三宝院の本殿に入り、薄暗く光る空間の中でそっと正座をしていました。合掌をし、改めて辺りを見渡すと、少し遠慮気味に本殿の枠の外に置かれた大きな薄黒い巨石に目を奪われました。

 

なぜこんなところに石が?と思いつつ、はじまったお経に集中していました。すると、石だったはずの物がだんだんとムジナの姿に変わっていったんです。

 

ムジナの姿はこうでした。頭を慎ましやかに下げ、手を合わせ、お経に耳を傾け、人の真似をするように座禅をし、石のように固まっていました。

 

なぜそうしているのかと私が問うと、ムジナは

 

私はムジナですから、こうして朝お経を端の方で聞くことしかできません。

人は自由に本殿に入ることもできるし、学べるし、お経を読むことができる。

しかし、わたしはその全てが叶いません。

わたしはどうあがいてもムジナなのです。

 

どうか許されるのであれば、ここで手を合わせ、お経を聞いていたいのです。

 

と答えてくれたのです。

 

石のように固まり、ただ謙虚にお経を聞くムジナの姿に、私は感銘を受けました。

 

きっと、ムジナはこれからも本殿の中へと入ることは叶わないけれども、満足なのだろうと思ったのです。

それはそれは幸せそうにお経に心を傾ける姿がそこにあったからです。

 

 

狛犬様漫画 2ページ目

 

 

 

不安な時は、必要以上に買いだめをしてしまいがちですね。

もちろん、何かあってからでは遅いですから、備蓄は大切です。ですが、あまりにも多くの独占的な備蓄は、その分どこかで誰かの足りないに繋がります。

心の備蓄は相手を労わることに繋がります。

本能的ではなく、想像的であることが求められているのではないでしょうか?

 

狛犬様漫画 1ページ目

 

 

 

1日も早く、皆様の笑顔が戻りますように。そして、亡くなられた多くの方々のご冥福と、今もなお闘病している皆様、全ての人々のこれからの未来が明るいことをお祈りいたします。

 

私自身、今もこうして描きながら恩返ししていく所存です。

 

お久しぶりです。

 

令和、独特で静かな響きですね。

 

 

あけましておめでとうブログからだいぶ経ち、春になり、桜の満開の季節になりました。この間、いろいろなことがありましたが、元気に飛び回り、絵をガンガン描きまくっていました。

今年は、むしろ描くことが更に楽しくなってきていて、あっという間に春の香港の個展へと導かれていきました。

 

 

1553965985340.jpg

 

1553965976182.jpg

 

ただいま、絶賛個展開催中、香港 H QUEEN,S ビル8階 ホワイトストーンギャラリーにて!日本では花粉の猛威で鼻も目もやられていた時期でしたので、香港では薬を飲まずに過ごすことができて楽でした。

 

個展中にはライブペイントも行いました。

 

1553965933996.jpg

 

 

 

 

 

IMG_20190331_102706_242.jpg

 

IMG_20190331_102706_240.jpg

 

たくさんの香港の方々に来ていただきました。

 

実は、初めて香港で絵を展示した4年前・・・。

全くの無名だった私は、英語で表示された自分の記事が載っている冊子を、アートフェアーに来るお客さんに自分のブース前で手配りしまくっていました。少しでも香港の方に知ってもらいたく、昔、ティッシュペーパーを街角で配っていたアルバイトのスキルを活かす時が来たとばかりに。

その時は、配った紙を手にとってくれた方も多くいましたが、その後の道に渡した冊子が投げ捨てられているのを見るたびに、少し胸がチクチクとしていました。

あれから4年・・・。

こんなにも多くの人がライブペイントを見に来てくれるまでに成長しました。1階、2階3階から多くの人が見守ってくださいます。

自分の役割とその責任を強く感じ、こうして人は成長させていただくのだと、感謝でいっぱいになりました。

 

多くの人の協力で成し遂げた1ぺーじでした。未来へと弾みになりました。

 

次のステージは、ベネチアです!

 

 

1550674173795.jpg

 

 

1550674170050.jpg

 

 

1547655016343.jpg

 

 

サンマルコ広場すぐの宮殿で展示いたします。ビエンナーレの時期、ぜひアート三昧休暇にお越し下さい。

 

 

ベトナムの鍾乳洞にも行ってました!

 

1552200477915.jpeg

 

 

DSC_8602.JPG

 

 

ひと時の深い喜び。

 

 

1549486563622.jpg

 

アメリカ、クリーブランド美術館にも行っていました。

さてさて、ここで何をするのかは、オフィシャルフェイスブックをご覧ください。

 

そしてそして、ちょくちょく台湾へいっぱい行かせて頂いている去年今年、HTCさんとともに制作しているVRの完成もお楽しみ!

 

今年も元気に駆け巡ります!!

日本でもライブペイントの予定あり。興味のある方はオフィシャルフェイスブックをご覧ください。

 

 

ドロン