先週5/22(土)、ノンフィクション作家の佐野眞一氏(流山市在住)を招き、「平成宰相論」と題した講演会を開催されました。


この講演会は江戸川大学の開学20周年を記念し、社会でさまざまな経験を積まれた方、一芸に秀でた方、特定テーマに通暁された方などで、東葛地域のお住まいの方々を講師に迎え、2時間程度の特別講義を行っていただく「百人一講」の一環として行われたものです。


会場は当初メモリアルホールの予定でしたが、予定していた人数を大幅に超える事前申し込みがあったため、会場を本学で最も広い映像ホールに変更しての開催となったようです。

講演会では、取材に基づいた、昭和から平成にかけての時の権力者の裏話など様々な話が展開、参加者は一様にうなずいたりメモを取ったりしていました。


次回の百人一講は7/15(木)13:30より、「東葛飾地域の変貌 ~柏・利根川・手賀沼からみる~」と題した講演を地域史誌研究者の相原正義氏を招き、サテライトセンターにて行うそうです。詳しくは江戸川大学 サテライトセンターのページをご覧ください。



■ 江戸川大学 サテライトセンター(百人一講)

http://www.edogawa-u.ac.jp/extension/2010sp-a.html

AD

bayfmに現役江戸大生出演中

テーマ:

毎週土曜20:00~22:00放送中の小島嵩弘の「I'm Alive !」の4/3の放送より、現役江戸大生が生出演、15分ほどの1コーナーをまるまるジャックしています。

番組については聞き逃した方も大学側で後日YouTubeにアップロードしていますのでお聴きください。


■詳しくはこちらを参照ください。

http://www.edogawa-u.ac.jp/news/100331.html

AD

絶好の快晴だったゴールデンウィークは4/30(金)、今年も恒例の江戸川ウォークが行われ、1年生全員と教職員が参加しました。今年度の行程は昨年度と同様、東武野田線の川間駅にほど近い江戸川河川敷~清水公園。初回(2000年)は大学~柴又だったので、それに参加していた卒業生の方からするとずいぶん短く感じられるかもしれません。


さて、河川敷には10時半に集合し諸注意や準備体操の後、11時前に出発。市村学長や秋山大学事務局長も共に歩きました。途中大きな混乱や事故もなく1時間強ほどで清水公園に到着。その後、ゼミごとでのバーベキュー大会が行われ、ゼミ生と教員との親睦が図られました。

AD