ゲゲゲの鬼太郎(シネマイクスピアリ)


「おい、鬼太郎」


ストーリーはテーマパーク建設絡みから強力な魔力の妖怪石へ。でもどっちも妙に中途半端な印象です。なんで三浦父をテーマパーク建設の関係者にしなかったんだろう???


テーマパークについて、天狐サマ(小雪)、油揚げくらいで住みかを譲っていいんですか?空狐(橋本さとし)が怒るのも無理ない・・・妖怪石もそのパワーはイマイチわからず、「走れメロス」な鬼太郎はなんだか呑気にあの世にデート?ラブパートは憧れ程度に留めてお子様向けにもうちょい短くてもよかったんでは?恋煩いでカクテル煽る鬼太郎は別にみたくなかったです~


「蟲師」の時はOJがアダルト鬼太郎と散々な言われようでしたが。。。でウエンツ君、顔だけ見ればふむふむだったんですが、さすがアイドル背は高いしスマートだし、やっぱ鬼太郎はちびっこじゃないと・・・と違和感アリ。

なにげに豪華な出演者、皆様コスプレ好きなのでしょうか??前評判どおり、はまりすぎなネズミ男=大泉洋、これまた恐ろしく似合ってた田中麗奈の猫娘。勿論砂かけ婆と子泣き爺はホンモノつれてきたんかい?状態でしたし。


ところで目玉親父って、鬼太郎の左眼じゃなかったっけ?


http://www.gegege.jp/  ゲゲゲの鬼太郎  (2007年4月28日公開)  
解説: 1965年に誕生してから、日本に妖怪ブームを巻き起こした、奇才・水木しげる原作の同名人気漫画を実写映画化したエンターテインメント作品。幽霊族唯一の末裔(まつえい)の鬼太郎とその父親の目玉おやじ、そのほか個性的な妖怪仲間たちの奇想天外な活躍を描く。鬼太郎をウエンツ瑛士が演じるほか、ねずみ男に大泉洋がふんするなど豪華キャストが名キャラクターに新風を吹き込む。強力な魔力の妖怪石をめぐる物語や鬼太郎と事件に巻き込まれる女子高生の実花など、映画オリジナルの展開にも注目。
ストーリー:妖怪世界で父親の目玉おやじや妖怪仲間たちに囲まれて暮らす鬼太郎(ウエンツ瑛士)のもとに、ある日、妖怪ポストに投函された手紙が届く。助けを求めたのは小学生の三浦健太。健太が暮らしている団地では、テーマパーク建設のための工事が始まって以来、不気味な妖怪たちが出現し、住民を恐怖と混乱に陥れているというのだ。 (シネマトゥデイ)
製作年度 2007年
製作国・地域 日本
上映時間 103分
監督 本木克英
原作 水木しげる
脚本 羽原大介
音楽 中野雄太 、TUCKER
出演 ウエンツ瑛士 、井上真央 、田中麗奈 、大泉洋 、間寛平 、利重剛 、橋本さとし 、YOU 、小雪 、内田流果 、神戸浩 、中村獅童 、谷啓 、室井滋 、西田敏行 、田の中勇 、柳沢慎吾 、伊集院光 、石原良純 、立川志の輔 、デーブ・スペクター 、きたろう 、石井一久 、安田顕

水木 しげる
ゲゲゲの鬼太郎妖怪やくよけシールブック
水木 しげる
ゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎魔界編