犬神家の一族@シネマイクスピアリ


「あなたが犯人ですね」


30年前の作品のリメイク、キャストは金田一耕助(石坂浩二)、大山神官(大滝秀治)変更なし。76年版では那須ホテルの主人=横溝正史が三谷幸喜、犬神梅子=草笛光子→お琴の師匠に。


正直サプライズはなくて、そろそろくる~?キター!!ってかんじ。金田一さんの走るシーンはさすがにしんどそうでした・笑
繰り返しTV放送もされててキャストは新しいけどおなじみのシーンが懐かしく、安心して観られる作品でした。
銀座の老舗洋食店でオムライスを食べたような気分かな。素材は今のものだけど、レシピは昔ながら。美味しいものは今も美味しいのです。


http://www.inugamike.com/  犬神家の一族  (2006/12/16公開)

解説: 横溝正史の名作探偵推理小説『犬神家の一族』を、1976年に監督を務めた市川崑がリメイクした心理サスペンス。同作から多大な影響を受けたジャパニーズ・ホラーの仕掛け人こと一瀬隆重プロデューサーが、オリジナル版の名コンビである監督と主演の石坂浩二とともに、犬神家一族の血の系譜をめぐる謎に迫る。ヒロイン役の松嶋菜々子をはじめ、尾上菊之助、富司純子、松坂慶子らオールスターキャストの競演も見もの。
ストーリー:信州の犬神財閥の創始者である犬神佐兵衛(仲代達矢)は、腹違いの3人の娘とその息子たち、佐兵衛の大恩人の孫娘、野々宮珠世(松嶋菜々子)らを残してこの世を去る。巨額の遺産が一族の争いの元凶となることを予期した法律事務所の若林は金田一耕助(石坂浩二)に調査を依頼するが、ほどなく一族間で次々と殺人事件が発生する。 (シネマトゥデイ)
製作年度 2006年
製作国・地域 日本
上映時間 135分
監督 市川崑
原作 横溝正史
脚本 市川崑 、日高真也 、長田紀生
音楽 谷川賢作
出演 石坂浩二 、松嶋菜々子 、尾上菊之助[5代目] 、富司純子 、松坂慶子 、萬田久子 、葛山信吾 、池内万作 、螢雪次朗 、永澤俊矢 、石倉三郎 、尾藤イサオ 、嶋田豪 、三條美紀 、松本美奈子 、林家木久蔵 、三谷幸喜 、深田恭子 、奥菜恵 、岸部一徳 、大滝秀治 、草笛光子 、中村玉緒 、加藤武 、中村敦夫 、仲代達矢

76年版 配役    
金田一耕助(石坂浩二)、犬神松子(高峰三枝子)、犬神竹子(三条美紀)、犬神梅子(草笛光子)、 犬神佐清・青沼静馬(あおい輝彦)、犬神佐武(地井武男)、犬神小夜子(川口晶)、 犬神佐智(川口恒)、犬神寅之助(金田竜之介)、犬神幸吉(小林昭二)、野々宮珠世(島田陽子)、 那須ホテルの女中はる(坂口良子)、古館恭三弁護士(小沢栄太郎)、橘警察署長(加藤武)、大山神官(大滝秀治)、 猿蔵(寺田稔)、青沼菊乃(大関優子)、柏屋の亭主・久平(三木のり平)、 那須ホテルの主人(横溝正史)、渡辺刑事(角川春樹)、琴の師匠(岸田今日子)、藤崎鑑識課員(三谷昇)、 井上刑事(辻萬長)、若林(西尾啓)、老婆お園(原泉)、柏屋の女房(沼田カズ子)、仮面師(岡本健一)、 主治医(守田比呂也)、警察医(細井利雄)、犬神奉公会の人(北島和男)、野々宮大弐(那須清)、 野々宮晴世(仁科鳩美)、松子の少女時代(勝山美香子)、警察官(宮本茂)、佐兵衛の若い頃(阿部義男)、犬神佐兵衛(三国連太郎)

角川エンタテインメント
犬神家の一族
角川エンタテインメント
犬神家の一族 コレクターズ・エディション (初回限定生産)