集中できる勉強部屋におすすめの色 | インテリアコーディネーター小島真子の奮闘記

インテリアコーディネーター小島真子の奮闘記

インテリアコーディネーター小島真子のインテリアコーディネート施工例や日々のインテリアコーディネートのコツ、おすすめインテリア小物、自身のライフスタイルをご紹介。

先日、高校生新聞に掲載して頂きました!

勉強に集中しやすい部屋作りに関して、お話をさせていただきましたものが掲載されています。

勉強に集中しやすい部屋作りのポイントは3つ。
 
1.色の効用を使う!
 
2.家具の配置
 
3.収納場所
 
 
まず、1の集中しやすいと言われている青色の効用を使います。カーテンやベッドリネン、ラグ、デスクテェアなどに取り入れてみてはいかがでしょうか?ただし、全て同色の青色を取り入れるとのっぺりと寒々しくなってしまいますので、大きな面積を占めるもの且つ隣同士になるものには同色を使わないように。間を設けて、青色で繋いでいくように。
カーテンと枕の色だったり。
カーテンの色の中の一色をベッドリネンに使ってみたりという事です。
 
また、さまざまな色が出てきてしまうと散在しているイメージが強くなります。勉強机周りは不要なものは極力おかずにスッキリとしておきましょう。
 
 
 
2の家具の配置は、視界の中にベッドが入らないように設置する事。間取り上、デスク横にベッドを持ってくる場合、本棚を間に挟むとかパーテーションを入れてしまう、壁面ラックを設置するなど、デスクとの間にワンクッション入れます。
 
ベッドが直接視界に入らなくても、すぐ誘惑されてしまうから、これで直接視界の中に入るようなら、私の場合ひたすら眠ってしまいそう笑
 
また、趣味の物なども出来ればデスクから離した所に設置した棚にまとめて置いてあげるとまとまりが作れるので、ごちゃごちゃ感はへります!
 
 
そして、3の収納場所。
主に洋服や、参考書、資料などの置き場所。
もちろん現在使っているものはファイルケースに入れすぐにとれる場所に。これ、ファイルケースも分類しておいて、不要な時は見出しが見えないように反対側にしておくと良いでしょう!
そして、滅多に使わないものはベッド下を活用したり、使用頻度によって収納場所を離していくと、必要時に使用でき、普段はスッキリとした空間で過ごす事ができます。
 
 
どうもやる気が続かないという方は、是非上記項目チェックしてみて下さいね✨
 
 
今日も私の記事を読んでくれて  ありがとうございます😊✨