こまねこプロデューサーのブログ -3ページ目

インフルエンザだったのでした~。しょぼん。

3月も中旬の週末、多くの人は、春の花を見におでかけしたり、アカデミー獲ったり獲り損なったりした映画を見に行ってるようだけど!

ドワーフたちは働いてたりしてるし、私も本当は働かなきゃいけなかったんだけど!

そして、先週は、パーティ明けの週だから、皆さんにお礼のご挨拶などせねばならなかったんだけど!!

そしてそして、By Your Sideのアップしたその後もフォローしなきゃいけなかったんだけど!!!

すみません!インフルエンザでしたーーーー!

認識する中では産まれて初めてかかったな、インフルエンザ。

今冬は本当に体調万全感ハンパなくて、「わはは、風邪ひく気がしない~」と連日残業とパーティ準備で憔悴しきった弊社デスク、キタザキとかに豪語してたのが、バチ当たったんでしょうか。

ってか、キタザキ「こっちが風邪ひきたいよ」って思ってたに違いない。

でも、実は週の半ば、風邪ひいて発熱してすぐに病院行ったら(私はめったなことでは熱が出ないタチなので、あれっと思ったんだよね)その時点では「陰性」判断だったんですよね。

でも、貰った薬飲みながら、3日経ってもいっこうに熱が下がらないから、もう1回病院行ってみたら。。。再検査で今度は陽性。インフルエンザは、発症から1日以内は50%くらいしか、陽性反応が出ないらしいです。だから、一拍置いてから検査を・・・って難しいよね。


しっかし、陽性反応が出てからの病院の対応の敏速さもすごかったけど。

私は割と大きな、待ち時間長めな総合病院へ行ってたんですが、インフルエンザの検査の結果が出るや否や、ものすごい勢いで呼び出されて、お医者さんに「陽性」を告げられ、その後、会計も順不同であっという間に済み、ものすごい勢いで病院の外につまみ出された・・・印象。

いや、もちろんお医者さんはヒジョウに親切で感じ良く、「いや、ここまで仕事しちゃったのは、貴女の所為じゃないから、病院の検査の所為だから、しょうがないから。でも、いまからがうつりやすいから今日からは仕事出ないで、出来るだけ人に会わないで、ね。ね。」って言われた・・・けど。


そこから週末まで、自主的隔離で過ごしました。


みなさんも、くれぐれも、インフルエンザに気をつけて。

ってか、今週ドワーフ、私の所為で学級閉鎖にならないか心配。。。

なんか、合田カントク、今日、風邪っぽいってつぶやいてたしなぁ・・・

By Your Side 映像がリリースされました

3年目の3月11日がやってきました。

その日が始まると同時に、2年以上かけて作ってきた「By Your Side 」をZapuniのサイトにリリースしました。


この映像で、どうか、みんな、3年前のコト、そして、そのことが今もまだ解決していないことを、忘れないでいましょうね。そして、思い出してくださいね。


でも、この映像を通して、私もいろいろなことを考え、知る機会を得ました。

そんなことも少しずつ書いていきたいと思います。




アカデミー賞の日のトホホ

今日はアメリカのアカデミー賞の日です。

去年は、オフィスにいたので、twitterとかで速報を見つつ仕事してて(ほとんど仕事になってない)、いちいち「助演女優賞出た~!」とか叫んでました。


しかし、今年は、なぜか、朝から外で打合せやらで、ジュンペに「なんで、そんなにアカデミーの発表楽しみにしてたのに、打合せ入れちゃったんですか~」と言われておりました。

でも、打合せの合間合間に猛烈チェックしてましたけどね。

さて、(ホント、どーでもいいハナシなんですが)私は20代の頃から根拠なく「何歳のときにアカデミー賞(アメリカの、ですよ。トホホ)を獲る!!!」と豪語しておりました。更に言うなら、それは、もう映画業界の仕組みもまったく分かってない頃の私なんですけど。

要するに「映像を作ってお金を稼ぐ仕事をしているヒトの最高峰を決めるのがアカデミー賞である」という、これまたハリウッドに毒された考えの下に、とにもかくにも、やみくもに「何歳のときに」取るのだ!と言いまくっていたのです。そして、それはずーっと根拠ない「数字」として私の中にあったわけです。

で、ですね、その年が今年だったの。

もちろん、映画製作のスパンから言うと、2年前くらいには「目標未達」ってのが分かるので、軽く凹んで、軌道修正(おい、修正かよ)したんですが、やっぱり、今日が、その日と思うと、ちょっと遠い目になっちゃうなあ、と思いながら今年はアカデミー賞を見守りました。ブラッドリー・クーパーが撮った写真がtwitterを賑わせてたけど、あの写真の端っこに写ることはなくても、「ああ、撮ってたよね~」みたいなことを帰国してから言っちゃう私、、、的な?

あるいは、「とは言え、今年だと日本人多かったから、けっこう現地で話が出来ていいかも」とか思ったりして。いや、もう、ほぼ妄想癖アリ、だな。

ホント、不毛な話ですが、そんなことを思いながらいた今日の私でした。

まあ、ある意味の「メモリアルデー」(って言うのか?)なので、今日は書いとこうっと。と思ってのブログです。

いろいろ「しょぼんぬ」だな。私。


あ、ところで、結果は、まあ、「納得」でしたが、「アカデミー前に観ておかなきゃ」と思って立て続けに観た2本(ウルフとハッスル)があんなに面白かったのに、受賞を逃したのはしみじみでした。

いや、やっぱり、映画ってものはすばらしいんですけど・・・ね。

さあさあ、「しょぼんぬ」はさておき、前むいて進もう!おー!


こまねこニコ生ありました

Facebookやら、twitterやらではいろいろドワーフからもお知らせしたり、報告したりしてますが、昨日(あ、正確にはおととい)、2月24日はニコ生(ニコニコ生放送)に「こま撮りえいがこまねこ」と「こまクリ」をループで終日、流していただきました。

なんと14万人以上の方が見てくださったそうで、そして、ライブとは思えない(ここで驚くあたりがおばさんってことか?)反射神経で、みなさんコメントをしてて、すごい、面白かったです。


いや、こうやって、作り手サイドが「見てたよん」って言うのは、なんか、ちょっとよろしくない?っていうか恥ずかしいこと?なんですが、これは、やっぱ作り手だからこそ、面白いんですよね。

まあ、皆さんのコメントが暖かく、そして、笑えちゃったりするものだったからなんですが。

思わず私も参加しそうだったよ。自制したけど。

そして、通算で3時間以上観たと思う。えへ。


しかし、あの、「ほんとも」の森の中のシーンでの「意見交換」は、ホント、「コンテ初めて見たときの、そして、公開当時から延々話されていること」で、興味深し。

そこに「結論を出さないようにしよう」っていう意見の「流れ」も、なんか良かったですね。


というわけで、中島もコマネチも喜んでいると思いますヨ。

でも、なんで、ラジボーは「中島」。。。。?みなさんご存知ですか?


祝日のシェフ

土曜日は大雪を想定して撮休にして本当に正解だった。

というわけで、その分、今日は祝日だけど撮影です。

週末とか祝日とかの内輪だけの撮影のときは、誰かがご飯を作ることがよくあります。

今日は昼はナカジ。そして、夜はキタザキがご飯を作ってくれました。


というわけで、今日のキタザキ。

黄色いエプロンがよく似合ってます。
222

トウモロコシごはんに豚汁。そしておひたしがついてる。野菜たっぷりメニューでしたね~。
23232


さて、3月のリリースを目指しつつ、まだ制作が続いているBy You Side のこと、tanpen.jp のサイトで、特集のインタビュー記事を載せていただいてます!見てみてください。