12月9日朝便で行ってきました。

 

この日の予報は北の風

波高は2.5m~1.5mとなっていたので

早めに風が収まれば釣りになるでしょう。

 

ということで、決行しました。

 

古志岐に着いてみると

風は収まっておらず

ウネリも酷い状態です。

 

それでもなんとか、ヘタの瀬に上がることが

できました。

メンバーは、吉村さん、平井君、大原君の4名。

 

サラシがきつかったので

大原君は早速ルアーを投げています。

他の3名は裏のポイントへと

まきえと竿を持って移動します。

裏の釣り場。

 

こちらもサラシはきついですがなんとかやれそうです。

 

マキエを入れるとクロがチラチラ浮いてきて

タナは浅そうです。

 

おもりなしの仕掛けで臨むと30~38㎝程のクロが

ぼちぼち釣れました。

 

しばらくすると風が強くなり

頭の上から何度も潮をかぶったので

船着きへ戻ることに。

 

濡れてなおかつ風があたってくるので

手がかじかんで、しろしい状態だったので

しばらく休み、食事をして体を温めました。

午前11時、エビス丸が見回りにきました。

平井君が竿を出しましたが

ウネリがひどく釣れそうにありません。

 

午後2時、かなり風が収まったので

一等席へ移動し、まきえをじゃんじゃん入れて

釣り始めると、ぼちぼち釣れ始め

しばらくすると入れ食いに。

 

13匹追加できました。

今回、けっこう時化てましたが

なんとか20匹ほど釣ることができました。

 

帰りは、凪の海でした。