二男の神経芽腫 ~闘病覚えが記〜

二男の神経芽腫 ~闘病覚えが記〜

2014年3月、1歳2ヶ月の二男が神経芽腫(ステージ4)と診断されました。高リスク標準プロトコル治療を終了目前にして、腫瘍の残存が発覚。臍帯血移植に望みを繋ぎましたが、ほどなくして再発…。笑顔で闘う!をモットーに、二男の笑顔を綴るブログです。

たくさんのいいね!ありがとうございます。温かいコメントにメッセージ、いつも嬉しく読ませて頂いています。アメンバー記事には、個人や機関が特定される可能性のある情報が含まれているため、ご家族や大切な方が闘病されている(されていた)方、またはご自身が闘病されている(されていた)方に承認を限定させていただきます。ブログを更新されていない方は、お手数ですが簡単なメッセージと自己紹介を送って下さいますようお願いします。なお、コメントへの返信はしていません。何卒ご了承ください。


涼を求めて、滝めぐり。

大はしゃぎの長男と、

滝の迫力に固まる長女。
来年は一緒に川遊びできるかな?

途中、かずら橋にも立ち寄って。

母はへっぴり腰、長男はすいすい。
橋の下に、遊歩道があるそう。
長女の足どりがもっとしっかりしたら、歩いてみたい!


道中、長男としりとりをしていたときのこと。

母 「からだ」

長男「だんだん!・・・・・あ!」

『からだだんだん』は、おかあさんといっしょの体操。
小さい頃は、乗り物命!で、Eテレに全く興味がなかった長男。
長女と2人、10歳にしてハマっております(笑)