【お金の原理と成功哲学1】豊かになるために辞めた5つのこと | かとうゆかのオフィシャルブログ

かとうゆかのオフィシャルブログ

かとうゆかが独自の観点で綴る、人生を創造的に生きていくために大事なこと。
遊び心とクリエイティブの関係性を、自分の人生で実験し感じたことを書いています。


テーマ:

 

 

以前、「お金の宇宙論」というテーマで、

お金がどのように循環しているのかという原理をアップしていましたが、

もう少しシンプルに短編で読める

「お金の原理」をアップしていきたいと思います。

 

【お金の原理と成功哲学】というシリーズで、

人生にダイレクトに活かしやすい原理と、

精神的な豊かさと富を築いていくための現実化の原理を

成功哲学として公開していきたいと思います。

 

私は数百万円の借金をきっかけに12年間、

人はどうすれば心豊かな状態で、

経済的な豊かさを実現することができるのか、

研究と実験を繰り返してきました。

 

 

自分に正直に生きることを徹することで、

結果、収入が15倍になり、時間に余裕が生まれ、

さらに大きな夢に向けてチャレンジできる基盤ができました。

 

このシリーズはこの12年間の「お金と現実化の原理」

研究発表のような意味を持ちます。

 

9月には「お金」をテーマにした本を出版予定です。

 

読み手の皆さんが豊かになるために、

活用していただけると嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

【お金の原理と成功哲学1】豊かになるために辞めた5つのこと

 

お金や現実化の原理は、沢山の側面があり深いものなのですが、

シンプルで実用的な部分をまずは理解してもらおうと思います。

 

人は夢を叶えたい時、仕事で結果を出したい時、

問題を解決したい時、無意識に「何をすれば良いか?」と考えます。

 

しかし、何か変化を起こしたいときは、

 

まず必ず「何を辞めるべきか?」を考えてみてください。

 

そしてそれらを手放して初めて、

「何をすべきか」という発想が効果的なものになります。

 

 

部屋を美しくしたいなら、

新しいもを買って飾る前に、掃除が必要です。

 

いらないものを捨てずに、必要はものをプラスすることで、

うまくいくことはそうそうありません。

 

 

さて、お金や豊かさを実現するために、

何を辞めるべきかについて意識を向けていきます。

 

もはや今の時代、「思考は現実化する」という考えは、

当たり前のものとして定着しつつあります。

 

なので「思考は現実化する」ということ自体の解説はせず、

実践方法についてのみ解説していきたいと思います。

 

 

 

大きく分けていらないものには2種類のタイプがあります。

 

1つは環境、状況、関係性、物など具体的なものの中で必要ではないもの。

 

もう一つは思考、感情、記憶など精神的なものの中で必要ではないもの。

 

 

 

物質的なもので不必要なものは、

その状況に留まってしまうことを防ぐために辞める必要があります。

 

精神的なもので不必要なものは、

それが現実化してしまうのを防ぐために辞める必要があります。

 

 

私はこれからお伝えする6つのことを、

人生のステージや経済的レベルを上げるたびに繰り返し手放してきました。

 

結局、変わりたいと言いながら、

今の状態に執着して留まっているには自分自身だったりします。

 

 

 

 

「豊かになるために辞めた5つのこと」

 

1:自分に合っていない働き方

 

2:チャレンジ精神のない人との人間関係

 

3:妥協していること(環境、服装、持ち物、暮らし方)

 

4:過去の自己イメージへの捉われ

 

5:人生や結果を誰かに委ねるような考え方

 

 

 

 

 

1:自分に合っていない働き方

「思考が現実化する」ということを考えた時に、

かつての私は真っ先に、今の働き方をやめなければならない!!と感じました。

当時、借金があり、毎月の安定した収入のために、

好きではない仕事でも仕方がないと思っていましたが、

その「仕方がない」という発想が現実化していたということがわかり、

すぐに仕事を辞めました。ここで大事なポイントは、「嫌な仕事を辞める」と、

「好きなことで収入を得る覚悟」はセットであること。

当たり前すぎて、説明するのも失礼かもしれませんが(笑)、

嫌なことをやめれば勝手に良い流れがやってくるという風に思い込んでいる人は、

意外に少なくないように感じます。

「豊かになるために辞めた5つのこと」の5つ目の、

「人生や結果を誰かに委ねるような考え方」も辞めなければ、

さらに豊かさからかけ離れていきます。

お金は最終的には物質として具現化されるので、

勝手に入ってくるということはありません。

お金は入ってくるものではなく、生み出すものです。

 

また、これは周期的に巡ってくるもので、「好きなことを仕事にしている人」も、

次のステージに進むためには、その中にあるほんの少しの妥協も

受け入れないようにしていくことで新たな道が拓けます。

これは仕方ないとか、お金を得るためにはこれぐらいは妥協が必要だ!と

思っていたものを辞めていくことで、新たな収入のルートとして本当に望んでい多やり方を

見つけ出していくことができます。

個人的には大きなサイクルで2〜3年おきに、小さなサイクルでは数ヶ月おきに、

こういったシフトを起こしています。

そしてその度に収入が上がるという体験をしています。

 

 

 

 

 

 

2:チャレンジ精神のない人との人間関係

自分が思い描くような豊かさや富を実現できない理由として

人間関係に縛られるという経験があります。

縛られるといっても、自分が選んで慣れ親しんだ人との関係性に

執着していることがほとんどです。交友関係とお金はかなり関連しています。

仲の良い友人を思い浮かべてください。

大まかに分けるとある程度収入が近い層ではないでしょうか?

収入の差が出てくるとお金の使い方だけでなく、お金の作り方への価値観が変わってきます。

決められた労働を行い時間や労力の対価としてお金を受け取る人と、

どうやってお金を生み出そうとクリエイティブに発想、トライアンドエラーを繰り返し、

自分にとっての正解を見つけようと取り組んでいる人では、明らかに収入の差が生まれます。

もちろん全てではありませんが、今ある交友関係の多くは、

自分がこれまでどれぐらいクリエイティビティを発揮してきたか?

というバロメーターになります。

 

本気でやりたいことに全力でチャレンジしていこうとするとき、

これまでの交友関係と価値観のズレが生じる場合があります。

今の状況や収入に不平不満があり、仕方ないと我慢する人と、

自分の可能性に向けてさらに大きなチャレンジをしようとする人とでは価値観と

未来の可能性に大きな差が生まれます。

これらも定期的に訪れるもので、

自分にとっても居心地の良い関係性の中に留まってしまうこともあります。

 

大きな夢に向けてチャレンジしている人、

自立して実行していく人と関わっていくことが重要だと感じます。

 

 

 

 

 

 

3:妥協していること(環境、服装、持ち物、暮らし方)

私たちは無意識に「妥協」を受け入れることで、

その「妥協」を回避するための創造性を発揮せずに生きるようになります。

人は「仕方ないこと」が「どうしても受け入れられないもの」になったとき、

その我慢や妥協をなんとしてでも変えようと、あらゆる手段を尽くします。

どうにか状況や環境を変化させるための方法を考え、調べ、分析し、実行し、

結果を再び分析し、新たな方法を加え、粘り強く状況が変わるまでトライし続けます。

 

「仕方ないこともある」という思い込みや、

我慢に気付かなくなっているという心理的麻痺を変えていくことが必要です。

そして、自分には贅沢だとか、分不相応という発想の不自然さに気づいてください。

これらの発想は「人に身分の差がある」という発想から来ています。

必要最低限で良い!という人には必要最低限お豊かさしか入って来ませんし、

自分の望む生き方やレベルを実現したい!という人には、

その分の豊かさをクリエイションする力やアイデアや行動力が生まれます。

お金の宇宙論でも少し解説しましたが、お金は「無限」の性質を持っています。

自分が多く持ったとしても、誰かから多く奪っているわけではありません。

お金を持つことへの否定から、環境や暮らし方に妥協がある場合は、

その否定がどこから来ているのかに気づいていくようにしましょう。

ほとんどの場合、実は理論の通らない曖昧な思い込みから来ているものだと気づくはずです。

 

 

 

 

 

 

 

4:過去の自己イメージへの捉われ

これまでのライフスタイルや仕事のあり方、収入の規模などのイメージを

どんどんリリースしていくことが重要だと感じます。

今までどう生きたか、今がどういう状態かと、未来にどのような可能性が実現可能かは

全く別物で、過去や今の状態を基盤にイメージをすることで小さなものになってしまいます。

多くの人が夢が小さすぎることで、実現することが難しくなっています。

本気で叶えたい夢や、自分の生きる目的のように感じられるものは、

困難に打ち勝つ情熱を持つことができます。

 

しかし、できそうな範囲のもの、過去の自分から発想したやりたいこと。

これらに情熱を持続させるのは難しいのです。

過去や現状から発想する癖をなくすこと。そして大きな夢や可能性を思い描いたなら、

そこから逆算して今やるべきことを確実に進めていくこと。

それが豊かさ実現の第一歩だと思います。

 

 

 

 

 

5:人生や結果を誰かに委ねるような考え方

このパートが最も重要なのではないかと思います。

他の全てを手放すことができても、この考え方をやめなければ、

全く現状は変わらないどころか、精神状態と現実の状況にさらに大きなギャップが生まれます。

「思考は現実化する」わけですが、思考が変わるということは行動パターンが変わるということです。行動が変わらなければ、思考に変化は起きません。

 

「思考が変わる」ことと「情報を知る」ことは全く別物であると理解しておかなければ、

知れば知るほど、意識と現実にギャップが生まれます。

「思考が変わる」というのは、その考え方が腹に落ち、細胞がOKを出し、

感覚や行動やリアクションなどすべてのレベルのパターンが書き換わるように、

脳が新しい考え方をプログラミングした状態を言います。

 

つまり、仕事を辞めても、人間関係をリセットしても、妥協しないことを決めて、

過去の自分にとらわれないようにしよう!と決意しても、

「人生や結果を誰かに委ねるような考え方」が有る限り、何も変化は起きないのです。

 

気持ちと現状に差が開きますます苦しい状態になっていくのではないかと思います。

わかっているのに、できていない自分を責めてしまったり、情けなく感じたり、

出来ている人を羨んだり、比べたりしながら、悲観的な発想になってしまいます。

 

「人生や結果を誰かに委ねるような考え方」を手放すことこそ、

この5つの項目の中で最も重要なものです。

 

言い換えれば、自主性、能動性、創造性を持つこと。

受動的なすべての発想を辞めていくということです。

 

自分が思い描く発想が、確実に結果に落とし込まれるまでのプロセスを、

「なんとなくうまくいくのではないか」という流れに委ねた発想をやめて、

確実に実現するまでの実行プランやタスクを明確にし、

日々実行していくということです。

 

人生に対し、曖昧さをなくすということ。

それは社会の基準で判断を行い、合わせていくということではありません。

それも社会に受動的な発想です。自分にとっての正解を自分で証明する。

そのためのトライアンドエラーを行なっていくおいうことが、

「人生や結果を誰かに委ねるような考え方」を辞めるということです。

 

 

 

人生を豊かにするには、自分が自分を幸せにする覚悟と責任が必要です。

 

その度合いによって「お金」や「成功」が実現します。

自分を幸せにする覚悟を持って、5つのものを手放してみてくださいね。

 

 

 

それぞれ1つ1つの項目について、

今後、さらに詳しく解説していきたいと思います。

 

「豊かになるために辞めた5つのこと」

 

1:自分に合っていない働き方

 

2:チャレンジ精神のない人との人間関係

 

3:妥協していること(環境、服装、持ち物、暮らし方)

 

4:過去の自己イメージへの捉われ

 

5:人生や結果を誰かに委ねるような考え方

 

 

 

かとうゆか

 

 

 

 

【お金の原理と成功哲学】シリーズ記事一覧ページができました。

更新の都度アップいたしますのでご興味のある方はブックマークを!

 

 

 

 

 

 

Information

 

次回のメルマガ配信で「お金の原理と成功哲学」補足記事を公開します。

2/23の10:00配信予定。

【お金の原理と成功哲学/裏技】

豊かになるために手放すべきもの50のチェックリスト

SNS断捨離?!グループでの交流?!◯◯する時間?!、

その日から始められる豊かさ実現のための断捨離チェックリスト50項目を、

メールマガジンでアップします。豊かさは具体的な行動の変化から!ぜひご活用ください!

 

15000名突破!!

ご興味がある方は、2/23朝9:00までにご登録ください。

無料オフィシャルメールマガジン登録先はこちら

(いつでもご自身で解除可能です)

 

 

 

 

 

 

累計1600人以上が学んだ自己実現が加速するデジタルコンテンツ!

 

 

 

 

ブログ&メールマガジンの更新情報はFacebook、LINEでチェック!

 

 

Youtubuでも現実化の原理や脳のマネジメントについて解説中

 

かとうゆかオフィシャルアカウント

かとうゆかさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります