シルクのプリント生地を紹介させていただきます-2018年1月版(1) | チャイナドレスの実績日本一 店長の運営ブログ

チャイナドレスの実績日本一 店長の運営ブログ

当店の事業は大きく分けて3つあります。1つ目はチャイナ服とアオザイのオーダーメイド販売。2つ目は着物リメイク。3つ目はチャイナ生地と中国シルク生地の卸販売です。他店とは違う、他人とは違う商品開発を目指しています!


テーマ:
●チャイナ服で重要なことは
1、生地の柄と品質
2、パイピングとボタンとファスナーの品質(付属品に関して)
3、縫製の質
4、オーダーメイドの場合にはサイズ(これが一番大切!)
※デザインは、大体3,4つのデザインと決まっているので、それほど重要ではありません
 
●現在日本で販売する場合1つ大きな問題があり、あまり他人と被ってしまう生地を使えません。
その問題を解決するために、最近はモデル写真を作らず生地を見てお客様が直接ドレスを作っていただけることをおススメしております。
ただこれもいくつか欠点があります。
 
1、モデル写真が撮れないこと
2、生地屋の生地なので、サンプルが送れなくて色がよく分からないこと
3、実物のイメージが、やや分かりにくいこと
4、50%の確率で追加料金がかかること(2000-3000円程度)
5、たまに異常に高い生地屋があること
6、生地屋に買いに行くので、少し納期が遅れること
 ただしこのやり方は欠点はありますがそれ以上にメリットが多いので1点もので(しかもデザインは自分で決めるので)、おススメさせていただきます。
 
 気になる生地がありましたら、詳細をお知らせいたします。
光沢があったりなかったり、やや厚手だったり薄手だったりいろいろです。
 ただ生地屋にある生地なので、いつ無くなってしまうか分かりません。靴と同じで、買いたいときに買わないと無くなってしまいます。
 
シルクプリント1シルクプリント2シルクプリント3シルクプリント4シルクプリント5シルクプリント6シルクプリント7ドレス完成イメージは下になります↓
シルクプリントドレス画像1シルクプリントドレス画像2
 
 

kolo-chinaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス