一般的に、イエス・キリストは我々とは違って、最初から完璧な神の子であると考えられており、救世主と呼ばれております。

 

確かに、ラムサ様も、イエス様は大天使ガブリエルと聖母マリアの子供で、カウンシル・オブ・サーティーンの13人のアセンデッド・マスターや大天使が知識と能力を注ぎ込んで作り上げた魂だと言及しており、通常の存在ではないことは確かです。

 

エドガー・ケイシーの超意識によるリーディングでは、人間は本来天界からやってきた神の分霊なのですが、第一根本人種の時はアストラル体の存在で、地球の動物の中に入って間接的に生殖行為を楽しんでいましたが、第二根本人種のエーテル体のときには、その頃は発揮出来た創造力によってグロテスクな生き物を創り上げてその中に入り込み、直接的に生殖行為にふけるようになり、肉体にもつれ込みました。

 

そこから輪廻転生が始まり、何度も何度も肉体に巻き込まれて、元々いた天界を忘れて戻れなくなってしまいました。

 

地球の物質界に迷い込んで、帰れなくなった魂達を救い出すために、自分を犠牲にして地球に転生してきたのが、イエス・キリストの魂やエドガー・ケイシーの魂達で、その数は14万4千人だそうです。

 

14万4千人の神々は、グロテスクな生き物の中に入り込んで、本当の自分を忘れてしまった仲間達を助けるために、当時 地上に生息していた猿の内分泌腺に働きかけて、 急速に進化させて、人間の肉体を作り上げて、その中に魂を移し替えました。

 

しかし、肉体にもつれ込んだ魂達は、優れた肉体を手に入れて、ますます利己的になってしまい、本来の自分を思い出して天界に戻ることは出来ませんでした。

 

そのため、14万4千人の神々は、自分達自身も人間となって、天界に戻れるようにお手本を示すことになりました。

 

キリストの魂は宇宙意識から直接 生まれた唯一の神アミリウスでしたが、人間として転生してもエノクとかメルキゼデクという不死の存在で、完璧すぎて、一般人からはかけ離れており、お手本にするには遠すぎる存在でした。

 

そのため、ごく普通の人間としてゼロからスタートして、天界に戻るためのお手本を示す必要があるとお考えになり、新しく魂を作り上げて、ヨセフという人間として転生されました。

 

イエス様の最初の過去生であったヨセフは、夢解釈や夢見の能力があったくらいで、イエス様が発揮されたパンや魚を無限に物質化する能力や死者を蘇らせる力や水上を歩く力は持っていませんでした。

 

我々は「イエス様は特別な存在で、我々とは違うのだから、最初から全能の力を持っていたのだろう」と考えがちですが、イエス様も最初の過去生のヨセフの時は普通の人間だったのです。

 

何が言いたいのかというと、私の考えでは、このヨセフという過去生において示した生き方によって、イエス様の魂は神との合一を達成することが出来る条件を満たしたのだと思われるのです。

 

ちなみに、現在のキリスト教会では、人間の魂は死んだ後、最後の審判まで眠った状態になると考えられており、輪廻転生するとは教えていません。

 

しかし、新約聖書において、イエス様は「洗礼者ヨハネはエリアの再来だ」と仰っています。

 

マタイによる福音書 第11章 7節

 

https://ja.m.wikisource.org/wiki/マタイによる福音書(口語訳)

 

彼らが帰ってしまうと、イエスはヨハネのことを群衆に語りはじめられた、

 

「あなたがたは、何を見に荒野に出てきたのか。

 

あなたがたによく言っておく。

 

女の産んだ者の中で、バプテスマのヨハネより大きい人物は起らなかった。

 

しかし、天国で最も小さい者も、彼よりは大きい。

 

そして、もしあなたがたが受けいれることを望めば、この人こそは、きたるべきエリヤなのである。」

 

 

このように、イエス様ご自身は、輪廻転生を教えておられます。

 

 

さて、イエス様の魂は、ヨセフという普通の人間として輪廻転生をスタートさせた訳ですが、父親に最も可愛がられて、不思議な夢を見るという特殊な能力があったため、腹違いの兄達に妬まれてしまい、奴隷として売り飛ばされてしまいました。

 

 

創世記 第37章

 

https://ja.m.wikisource.org/wiki/創世記(口語訳)

 

『ヨセフは年寄り子であったから、イスラエルは他のどの子よりも彼を愛して、彼のために長そでの着物をつくった。

 

兄弟たちは父がどの兄弟よりも彼を愛するのを見て、彼を憎み、穏やかに彼に語ることができなかった。

 

ある時、ヨセフは夢を見て、それを兄弟たちに話したので、彼らは、ますます彼を憎んだ。

 

ヨセフは彼らに言った、

 

「どうぞわたしが見た夢を聞いてください。

 

わたしたちが畑の中で束を結わえていたとき、わたしの束が起きて立つと、あなたがたの束がまわりにきて、わたしの束を拝みました」。

 

すると兄弟たちは彼に向かって、

 

「あなたはほんとうにわたしたちの王になるのか。

 

あなたは実際わたしたちを治めるのか」

 

と言って、彼の夢とその言葉のゆえにますます彼を憎んだ。

 

ヨセフはまた一つの夢を見て、それを兄弟たちに語って言った、

 

「わたしはまた夢を見ました。

 

日と月と十一の星とがわたしを拝みました」。

 

彼はこれを父と兄弟たちに語ったので、父は彼をとがめて言った、

 

「あなたが見たその夢はどういうのか。

 

ほんとうにわたしとあなたの母と、兄弟たちとが行って地に伏し、あなたを拝むのか」。

 

兄弟たちは彼をねたんだ。

 

中略

 

ヨセフが彼らに近づかないうちに、彼らははるかにヨセフを見て、これを殺そうと計り、互に言った、

 

「あの夢見る者がやって来る。

 

さあ、彼を殺して穴に投げ入れ、悪い獣が彼を食ったと言おう。

 

そして彼の夢がどうなるか見よう」。

 

ルベン(長兄)はこれを聞いて、ヨセフを彼らの手から救い出そうとして言った、

 

「われわれは彼の命を取ってはならない」。

 

ルベンはまた彼らに言った、

 

「血を流してはいけない。

 

彼を荒野のこの穴に投げ入れよう。

 

彼に手をくだしてはならない」。

 

これはヨセフを彼らの手から救いだして父に返すためであった。

 

さて、ヨセフが兄弟たちのもとへ行くと、彼らはヨセフの着物、彼が着ていた長そでの着物をはぎとり、

 

彼を捕えて穴に投げ入れた。

 

時に彼らが目をあげて見ると、イシマエルびとの隊商が、らくだに香料と、乳香と、もつやくとを負わせてエジプトへ下り行こうとギレアデからやってきた。  

 

そこでユダは兄弟たちに言った、

 

「われわれが弟を殺し、その血を隠して何の益があろう。

 

さあ、われわれは彼をイシマエルびとに売ろう。

 

彼はわれわれの兄弟、われわれの肉身だから、彼に手を下してはならない」。

 

兄弟たちはこれを聞き入れた。

 

時にミデアンびとの商人たちが通りかかったので、彼らはヨセフを穴から引き上げ、銀二十シケルでヨセフをイシマエルびとに売った。

 

彼らはヨセフをエジプトへ連れて行った。

 

さて、かのミデアンびとらはエジプトでパロの役人、侍衛長ポテパルにヨセフを売った。』

 

 

 

イエス様の過去生のヨセフは、父親に最も可愛がられたため、兄弟達に憎まれて、あやうく殺されかけて、奴隷として売り飛ばされてしまいました。

 

その後、エジプトでもひどい目に遭いました。

 

奴隷として買い取った主人の妻に誘惑されて、それを断ったら、「ヨセフに襲われた」と主人に言われて、牢屋に入れられてしまったのです。

 

 

創世記 第39章

 

『さてヨセフは連れられてエジプトに下ったが、パロ(エジプトの王様)の役人で侍衛長であったエジプトびとポテパルは、彼をそこに連れ下ったイシマエルびとらの手から買い取った。

 

主がヨセフと共におられたので、彼は幸運な者となり、その主人エジプトびとの家におった。

 

さてヨセフは姿がよく、顔が美しかった。

 

これらの事の後、主人の妻はヨセフに目をつけて言った、「わたしと寝なさい」。

 

ヨセフは拒んで、主人の妻に言った、

 

「御主人はわたしがいるので家の中の何をも顧みず、その持ち物をみなわたしの手にゆだねられました。

 

この家にはわたしよりも大いなる者はありません。

 

また御主人はあなたを除いては、何をもわたしに禁じられませんでした。

 

あなたが御主人の妻であるからです。

 

どうしてわたしはこの大きな悪をおこなって、神に罪を犯すことができましょう」。

 

彼女は毎日ヨセフに言い寄ったけれども、ヨセフは聞きいれず、彼女と寝なかった。

 

また共にいなかった。

 

ある日ヨセフが務をするために家にはいった時、家の者がひとりもそこにいなかったので、

 

彼女はヨセフの着物を捕えて、「わたしと寝なさい」と言った。

 

ヨセフは着物を彼女の手に残して外にのがれ出た。

 

彼女はヨセフが着物を自分の手に残して外にのがれたのを見て、

 

その家の者どもを呼び、彼らに告げて言った、

 

「主人がわたしたちの所に連れてきたヘブルびとは、わたしたちに戯れます。

 

彼はわたしと寝ようとして、わたしの所にはいったので、わたしは大声で叫びました。

 

彼はわたしが声をあげて叫ぶのを聞くと、着物をわたしの所に残して外にのがれ出ました」。

 

彼女はその着物をかたわらに置いて、主人の帰って来るのを待った。

 

そして彼女は次のように主人に告げた、

 

「あなたがわたしたちに連れてこられたヘブルのしもべはわたしに戯れようとして、わたしの所にはいってきました。

 

わたしが声をあげて叫んだので、彼は着物をわたしの所に残して外にのがれました」。

 

主人はその妻が「あなたのしもべは、わたしにこんな事をした」と告げる言葉を聞いて、激しく怒った。

 

そしてヨセフの主人は彼を捕えて、王の囚人をつなぐ獄屋に投げ入れた。』

 

 

 

イエス様の最初の過去生だったヨセフは、指一本触れてもいないにも関わらず、2年間も地下の牢屋に閉じ込められるというひどい扱いを受けました。

 

その後、ヨセフは夢解釈の能力を発揮して、エジプトの王様が見た夢の意味を解き明かしし、エジプトに7年間に渡る飢饉が起こることを予見し、穀物を蓄えるように指示し、エジプト全土の司となり、王様の次に偉い立場になりました。

 

そして、その夢解釈の通りに飢饉が発生して、食べ物が無くなったカナンの地から、ヨセフを奴隷として売り飛ばした兄弟達が食料を買いにエジプトのヨセフの元へやってきます。

 

 

創世記 第42章

 

『ヤコブはエジプトに穀物があると知って、むすこたちに言った、

 

「あなたがたはなぜ顔を見合わせているのですか」。

 

また言った、

 

「エジプトに穀物があるということだが、あなたがたはそこへ下って行って、そこから、われわれのため穀物を買ってきなさい。

 

そうすれば、われわれは生きながらえて、死を免れるであろう」。

 

そこでヨセフの十人の兄弟は穀物を買うためにエジプトへ下った。

 

しかし、ヤコブはヨセフの弟ベニヤミンを兄弟たちと一緒にやらなかった。

 

彼が災に会うのを恐れたからである。

 

こうしてイスラエルの子らは穀物を買おうと人々に交じってやってきた。

 

カナンの地にききんがあったからである。

 

ときにヨセフは国のつかさであって、国のすべての民に穀物を売ることをしていた。

 

ヨセフの兄弟たちはきて、地にひれ伏し、彼を拝した。(ヨセフが子供の頃に見た夢の通りになりました。)

 

ヨセフは兄弟たちを見て、それと知ったが、彼らに向かっては知らぬ者のようにし、荒々しく語った。

 

すなわち彼らに言った、「あなたがたはどこからきたのか」。

 

彼らは答えた、

 

「食糧を買うためにカナンの地からきました」。

 

ヨセフは、兄弟たちであるのを知っていたが、彼らはヨセフとは知らなかった。

 

ヨセフはかつて彼らについて見た夢を思い出して、彼らに言った、

 

「あなたがたは回し者で、この国のすきをうかがうためにきたのです」。

 

彼らはヨセフに答えた、

 

「いいえ、わが主よ、しもべらはただ食糧を買うためにきたのです。

 

われわれは皆、ひとりの人の子で、真実な者です。

 

しもべらは回し者ではありません」。

 

ヨセフは彼らに言った、

 

「いや、あなたがたはこの国のすきをうかがうためにきたのです」。

 

彼らは言った、

 

「しもべらは十二人兄弟で、カナンの地にいるひとりの人の子です。

 

末の弟は今、父と一緒にいますが、他のひとりはいなくなりました」。

 

ヨセフは彼らに言った、

 

「わたしが言ったとおり、あなたがたは回し者です。

 

あなたがたをこうしてためしてみよう。

 

パロ(エジプトの王様)のいのちにかけて誓います。

 

末の弟(ヨセフと同じ母から生まれた弟)がここにこなければ、あなたがたはここを出ることはできません。

 

あなたがたのひとりをやって弟を連れてこさせなさい。

 

それまであなたがたをつないでおいて、あなたがたに誠実があるかどうか、あなたがたの言葉をためしてみよう。

 

パロのいのちにかけて誓います。

 

あなたがたは確かに回し者です」。

 

ヨセフは彼らをみな一緒に三日の間、監禁所に入れた。

 

三日目にヨセフは彼らに言った、

 

「こうすればあなたがたは助かるでしょう。

 

わたしは神を恐れます。

 

もしあなたがたが真実な者なら、兄弟のひとりをあなたがたのいる監禁所に残し、あなたがたは穀物を携えて行って、家族の飢えを救いなさい。

 

そして末の弟をわたしのもとに連れてきなさい。

 

そうすればあなたがたの言葉のほんとうであることがわかって、死を免れるでしょう」。

 

彼らはそのようにした。

 

彼らは互に言った、

 

「確かにわれわれは弟の事で罪がある。

 

彼がしきりに願った時、その心の苦しみを見ながら、われわれは聞き入れなかった。

 

それでこの苦しみに会うのだ」。

 

ルベン(長兄)が彼らに答えて言った、

 

「わたしはあなたがたに、この子供に罪を犯すなと言ったではないか。

 

それにもかかわらず、あなたがたは聞き入れなかった。

 

それで彼の血の報いを受けるのです」。

 

彼らはヨセフが聞きわけているのを知らなかった。

 

相互の間に通訳者がいたからである。

 

ヨセフは彼らを離れて行って泣き、また帰ってきて彼らと語り、そのひとりシメオンを捕えて、彼らの目の前で縛った。

 

そしてヨセフは人々に命じて、彼らの袋に穀物を満たし、めいめいの銀を袋に返し、道中の食料を与えさせた。

 

ヨセフはこのように彼らにした。

 

彼らは穀物をろばに負わせてそこを去った。』

 

 

 

創世記 第43章

 

『ききんはその地に激しかった。

 

彼らがエジプトから携えてきた穀物を食い尽した時、父は彼らに言った、

 

「また行って、われわれのために少しの食糧を買ってきなさい」。

 

ユダは父に答えて言った、

 

「あの人はわれわれをきびしく戒めて、弟が一緒でなければ、わたしの顔を見てはならないと言いました。

 

もしあなたが弟をわれわれと一緒にやってくださるなら、われわれは下って行って、あなたのために食糧を買ってきましょう。

 

しかし、もし彼をやられないなら、われわれは下って行きません。

 

あの人がわれわれに、弟が一緒でなければわたしの顔を見てはならないと言ったのですから」。

 

イスラエルは言った、

 

「なぜ、もうひとりの弟があるとあの人に言って、わたしを苦しめるのか」。

 

彼らは言った、

 

「あの人がわれわれと一族とのことを問いただして、父はまだ生きているか、もうひとりの弟があるかと言ったので、問われるままに答えましたが、その人が、弟を連れてこいと言おうとは、どうして知ることができたでしょう」。

 

ユダは父イスラエルに言った、

 

「あの子をわたしと一緒にやってくだされば、われわれは立って行きましょう。

 

そしてわれわれもあなたも、われわれの子供らも生きながらえ、死を免れましょう。

 

わたしが彼の身を請け合います。

 

わたしの手から彼を求めなさい。

 

もしわたしが彼をあなたのもとに連れ帰って、あなたの前に置かなかったら、わたしはあなたに対して永久に罪を負いましょう。

 

もしわれわれがこんなにためらわなかったら、今ごろは二度も行ってきたでしょう」。

 

父イスラエルは彼らに言った、

 

「それではこうしなさい。

 

この国の名産を器に入れ、携え下ってその人に贈り物にしなさい。

 

すなわち少しの乳香、少しの蜜、香料、もつやく、ふすだしう、あめんどう。

 

そしてその上に、倍額の銀を手に持って行きなさい。

 

また袋の口に返してあった銀は持って行って返しなさい。

 

たぶんそれは誤りであったのでしょう。

 

弟も連れ、立って、またその人の所へ行きなさい。

 

どうか全能の神がその人の前であなたがたをあわれみ、もうひとりの兄弟(人質として監禁所に閉じ込められている兄弟)とベニヤミン(ヨセフと同じ母から生まれた弟)とを、返させてくださるように。

 

もしわたしが子を失わなければならないのなら、失ってもよい」。

 

そこでその人々は贈り物を取り、また倍額の銀を携え、ベニヤミンを連れ、立ってエジプトへ下り、ヨセフの前に立った。

 

ヨセフはベニヤミンが彼らと共にいるのを見て、家づかさに言った、

 

「この人々を家に連れて行き、獣をほふって、したくするように。

 

この人々は昼、わたしと一緒に食事をします」。

 

その人はヨセフの言ったようにして、この人々をヨセフの家へ連れて行った。

 

ところがこの人々はヨセフの家へ連れて行かれたので恐れて言った、

 

「初めの時に袋に返してあったあの銀のゆえに、われわれを引き入れたのです。

 

そしてわれわれを襲い、攻め、捕えて奴隷とし、われわれのろばをも奪うのです」。

 

彼らはヨセフの家づかさに近づいて、家の入口で、言った、

 

「ああ、わが主よ、われわれは最初、食糧を買うために下ってきたのです。

 

ところが宿に行って袋をあけて見ると、めいめいの銀は袋の口にあって、銀の重さは元のままでした。

 

それでわれわれはそれを持って参りました。

 

そして食糧を買うために、ほかの銀をも持って下ってきました。

 

われわれの銀を袋に入れた者が、だれであるかは分りません」。

 

彼は言った、

 

「安心しなさい。

 

恐れてはいけません。

 

その宝はあなたがたの神、あなたがたの父の神が、あなたがたの袋に入れてあなたがたに賜わったのです。

 

あなたがたの銀はわたしが受け取りました」。

 

そして彼はシメオン(人質にされていた兄弟)を彼らの所へ連れてきた。

 

こうしてその人はこの人々をヨセフの家へ導き、水を与えて足を洗わせ、また、ろばに飼葉を与えた。

 

彼らはその所で食事をするのだと聞き、贈り物を整えて、昼にヨセフの来るのを待った。

 

さてヨセフが家に帰ってきたので、彼らはその家に携えてきた贈り物をヨセフにささげ、地に伏して、彼を拝した。

 

ヨセフは彼らの安否を問うて言った、

 

「あなたがたの父、あなたがたがさきに話していたその老人は無事ですか。

 

なお生きながらえておられますか」。

 

彼らは答えた、

 

「あなたのしもべ、われわれの父は無事で、なお生きながらえています」。

 

そして彼らは、頭をさげて拝した。

 

ヨセフは目をあげて同じ母の子である弟ベニヤミンを見て言った、

 

「これはあなたがたが前にわたしに話した末の弟ですか」。

 

また言った、

 

「わが子よ、どうか神があなたを恵まれるように」。

 

ヨセフは弟なつかしさに心がせまり、急いで泣く場所をたずね、へやにはいって泣いた。

 

やがて彼は顔を洗って出てきた。

 

そして自分を制して言った、「食事にしよう」。

 

そこでヨセフはヨセフ、彼らは彼ら、陪食のエジプトびとはエジプトびと、と別々に席に着いた。

 

エジプトびとはヘブルびとと共に食事することができなかった。

 

それはエジプトびとの忌むところであったからである。

 

こうして彼らはヨセフの前に、長子は長子として、弟は弟としてすわらせられたので、その人々は互に驚いた。

 

またヨセフの前から、めいめいの分が運ばれたが、ベニヤミンの分は他のいずれの者の分よりも五倍多かった。

 

こうして彼らは飲み、ヨセフと共に楽しんだ。

 

創世記 第44章

 

さてヨセフは家づかさに命じて言った、

 

「この人々の袋に、運べるだけ多くの食糧を満たし、めいめいの銀を袋の口に入れておきなさい。

 

またわたしの杯、銀の杯をあの年下の者の袋の口に、穀物の代金と共に入れておきなさい」。

 

家づかさはヨセフの言葉のとおりにした。

 

夜が明けると、その人々と、ろばとは送り出されたが、

 

町を出て、まだ遠くへ行かないうちに、ヨセフは家づかさに言った、

 

「立って、あの人々のあとを追いなさい。

 

追いついて、彼らに言いなさい、

 

『あなたがたはなぜ悪をもって善に報いるのですか。

 

なぜわたしの銀の杯を盗んだのですか。

 

これはわたしの主人が飲む時に使い、またいつも占いに用いるものではありませんか。

 

あなたがたのした事は悪いことです』」。

 

家づかさが彼らに追いついて、これらの言葉を彼らに告げたとき、

 

彼らは言った、

 

「わが主は、どうしてそのようなことを言われるのですか。

 

しもべらは決してそのようなことはいたしません。

 

袋の口で見つけた銀でさえ、カナンの地からあなたの所に持ち帰ったほどです。

 

どうして、われわれは御主人の家から銀や金を盗みましょう。

 

しもべらのうちのだれの所でそれが見つかっても、その者は死に、またわれわれはわが主の奴隷となりましょう」。

 

家づかさは言った、

 

「それではあなたがたの言葉のようにしよう。

 

杯の見つかった者はわたしの奴隷とならなければならない。

 

ほかの者は無罪です」。

 

そこで彼らは、めいめい急いで袋を地におろし、ひとりひとりその袋を開いた。

 

家づかさは年上から捜し始めて年下に終ったが、杯はベニヤミンの袋の中にあった。

 

そこで彼らは衣服を裂き、おのおの、ろばに荷を負わせて町に引き返した。

 

ユダと兄弟たちとは、ヨセフの家にはいったが、ヨセフがなおそこにいたので、彼らはその前で地にひれ伏した。

 

ヨセフは彼らに言った、

 

「あなたがたのこのしわざは何事ですか。

 

わたしのような人は、必ず占い当てることを知らないのですか」。

 

ユダは言った、

 

「われわれはわが主に何を言い、何を述べ得ましょう。

 

どうしてわれわれは身の潔白をあらわし得ましょう。

 

神がしもべらの罪をあばかれました。

 

われわれと、杯を持っていた者とは共にわが主の奴隷となりましょう」。

 

ヨセフは言った、

 

「わたしは決してそのようなことはしない。

 

杯を持っている者だけがわたしの奴隷とならなければならない。

 

ほかの者は安全に父のもとへ上って行きなさい」。

 

この時ユダは彼に近づいて言った、

 

「ああ、わが主よ、どうぞわが主の耳にひとこと言わせてください。

 

しもべをおこらないでください。

 

あなたはパロ(エジプトの王様)のようなかたです。

 

わが主はしもべらに尋ねて、『父があるか、また弟があるか』と言われたので、

 

われわれはわが主に言いました、

 

『われわれには老齢の父があり、また年寄り子の弟があります。

 

その兄は死んで、同じ母の子で残っているのは、ただこれだけですから父はこれを愛しています』。

 

その時あなたはしもべらに言われました、

 

『その者をわたしの所へ連れてきなさい。わたしはこの目で彼を見よう』。

 

われわれはわが主に言いました。

 

『その子供は父を離れることができません。

 

もし父を離れたら父は死ぬでしょう』。

 

しかし、あなたはしもべらに言われました、

 

『末の弟が一緒に下ってこなければ、おまえたちは再びわたしの顔を見ることはできない』。

 

それであなたのしもべである父のもとに上って、わが主の言葉を彼に告げました。

 

ところで、父が『おまえたちは再び行って、われわれのために少しの食糧を買ってくるように』と言ったので、

 

われわれは言いました、

 

『われわれは下って行けません。

 

もし末の弟が一緒であれば行きましょう。

 

末の弟が一緒でなければ、あの人の顔を見ることができません』。

 

あなたのしもべである父は言いました、

 

『おまえたちの知っているとおり、妻はわたしにふたりの子を産んだ。

 

ひとりは外へ出たが、きっと裂き殺されたのだと思う。

 

わたしは今になっても彼を見ない。

 

もしおまえたちがこの子をもわたしから取って行って、彼が災に会えば、おまえたちは、しらがのわたしを悲しんで陰府に下らせるであろう』。

 

わたしがあなたのしもべである父のもとに帰って行くとき、もしこの子供が一緒にいなかったら、どうなるでしょう。

 

父の魂は子供の魂に結ばれているのです。

 

この子供がわれわれと一緒にいないのを見たら、父は死ぬでしょう。

 

そうすればしもべらは、あなたのしもべである白髪の父を悲しんで陰府に下らせることになるでしょう。

 

しもべは父にこの子供の身を請け合って『もしわたしがこの子をあなたのもとに連れ帰らなかったら、わたしは父に対して永久に罪を負いましょう』と言ったのです。

 

どうか、しもべをこの子供の代りに、わが主の奴隷としてとどまらせ、この子供を兄弟たちと一緒に上り行かせてください、

 

この子供を連れずに、どうしてわたしは父のもとに上り行くことができましょう。

 

父が災に会うのを見るに忍びません」。

 

創世記 第45章

 

そこでヨセフはそばに立っているすべての人の前で、自分を制しきれなくなったので、「人は皆ここから出てください」と呼ばわった。

 

それゆえヨセフが兄弟たちに自分のことを明かした時、ひとりも彼のそばに立っている者はなかった。

 

ヨセフは声をあげて泣いた。

 

エジプトびとはこれを聞き、パロの家もこれを聞いた。

 

ヨセフは兄弟たちに言った、

 

「わたしはヨセフです。父はまだ生きながらえていますか」。

 

兄弟たちは答えることができなかった。

 

彼らは驚き恐れたからである。

 

ヨセフは兄弟たちに言った、「わたしに近寄ってください」。

 

彼らが近寄ったので彼は言った、

 

「わたしはあなたがたの弟ヨセフです。

 

あなたがたがエジプトに売った者です。

 

しかしわたしをここに売ったのを嘆くことも、悔むこともいりません。

 

神は命を救うために、あなたがたよりさきにわたしをつかわされたのです。

 

この二年の間、国中にききんがあったが、なお五年の間は耕すことも刈り入れることもないでしょう。

 

神は、あなたがたのすえを地に残すため、また大いなる救をもってあなたがたの命を助けるために、わたしをあなたがたよりさきにつかわされたのです。

 

それゆえわたしをここにつかわしたのはあなたがたではなく、神です。

 

神はわたしをパロの父とし、その全家の主とし、またエジプト全国のつかさとされました。

 

あなたがたは父のもとに急ぎ上って言いなさい、

 

『あなたの子ヨセフが、こう言いました。

 

神がわたしをエジプト全国の主とされたから、ためらわずにわたしの所へ下ってきなさい。

 

あなたはゴセンの地に住み、あなたも、あなたの子らも、孫たちも、羊も牛も、その他のものもみな、わたしの近くにおらせます。

 

ききんはなお五年つづきますから、あなたも、家族も、その他のものも、みな困らないように、わたしはそこで養いましょう』。

 

あなたがたと弟ベニヤミンが目に見るとおり、あなたがたに口ずから語っているのはこのわたしです。

 

あなたがたはエジプトでの、わたしのいっさいの栄えと、あなたがたが見るいっさいの事をわたしの父に告げ、急いでわたしの父をここへ連れ下りなさい」。

 

そしてヨセフは弟ベニヤミンのくびを抱いて泣き、ベニヤミンも彼のくびを抱いて泣いた。

 

またヨセフはすべての兄弟たちに口づけし、彼らを抱いて泣いた。

 

そして後、兄弟たちは彼と語った。』

 

 

 

ヨセフは、自分を奴隷として売り飛ばした腹違いの兄達が穀物を買いに来た当初、なかなか許すことが出来なかったようです。

 

「エジプトをスパイしに来たんだろ」と言いがかりを付けて、監禁所に三日間閉じ込めて、同じ母から生まれた弟を連れてこない限りスパイの容疑は晴れないと言って、人質として兄の1人を監禁所に縛っておいたそうです。

 

まあ、でも食料はちゃんと渡して、代金として受け取った銀は袋に入れて返して、無料で食料を与えました。

 

通常の人間なら、自分を奴隷として売り飛ばしたような人達には絶対に食料を与えないのではないでしょうか。

 

「あいつらだけは絶対に許さない」

 

「お前らにやる穀物は一粒も無い!!」

 

そして、自分にひどいことをした人達が飢えて苦しむのを見て、

 

「せいせいするわ」

 

「俺が味わったのと同じ苦しみを味わえ」

 

と復讐を果たすのではないでしょうか。

 

実際、ババジ様の過去生であるチベットのヨギのミラレパは、子供の時に父親が早く亡くなって、親戚に財産を奪われてしまい、母親と妹と共に非常に貧しい生活をさせられて、後に黒魔術で親戚に復讐を果たしています。

 

ダスカロスの過去生では、前世で自分を殺した人達を、次の人生で逆に殺害して復讐しました。

 

ラムサ様も、アトランティス人に弟を連れ去られて慰みものにされ、母親を暴行され、妹が生まれる時に母親が亡くなり、妹も下痢のため栄養失調で亡くなったため、アトランティス人に対する憎悪が膨れ上がり、街を焼き討ちにして、弟を連れ去った地方総督を殺しました。

 

この地球は、この銀河系の諸惑星を追放された罪人が送り込まれた刑務所なので、頭のおかしい人がたくさんいます。

 

自分の財産を奪ったり、自分を殺したり、自分の家族にひどいことをした人に復讐するのは正しいことのように思う人もいるかもしれませんが、そう思うのは肉体的自我意識の部分であり、超意識である内なる神はそのようなことは望んでいません。

 

地上における人間同士の喧嘩は、内なる神が飼っている飼い犬が、飼い主の制止を振り切って戦っている状態です。

 

しかし、どのように飼い犬が凶悪でも、その犬の飼い主は完璧な存在で、自分の内なる神と兄弟なのです。

 

ですから、自分の内なる神と、敵の内なる神が憎み合っているということはあり得ないのです。

 

しつけが上手く出来ていなくて、他人に噛み付いて保健所に入れられているような犬と同じレベルの人間が収監されているのが地球なのです。

 

食べる物が何も無くなって、お腹を空かして餓死しそうな人を、全宇宙の創造主である神様が見て「ざまあみろ」と思われるでしょうか。

 

神様にとっては、すべての存在は自分の子供なのです。

 

自分の子供が苦しむのを見て喜ぶ親がいるでしょうか。

 

神様はすべての存在を包み込んでおり、すべての生命の中に宿っているのです。

 

イエス様が神と合一して、全能の力を発揮出来たのは、過去生のヨセフの時に「自分にとって最悪の敵を許して助ける」という試練をくぐり抜けたからです。

 

何も悪いことをしていないのに、自分を奴隷として売り飛ばした憎い兄達を許して、食糧を与え餓死から助けた時、ヨセフの魂はすべての人の幸せを願う全宇宙の創造主である神様と同じレベルへと高まったのであり、その結果、イエス様の生涯において内なる神との合一を達成することが可能になったのです。

 

もし、このヨセフの人生の時に、「お前らにやる穀物なんて一粒も無え!!」と追い払っていたら、ヨセフのパーソナリティーは復讐を果たしてせいせいしたかもしれませんが、イエス様の生涯において、内なる神との合一を達成して、完全な神の化身となることは遠のいたのではないでしょうか。

 

そのような生き方をしていたら、きっといつまで経っても ごく普通の人間として輪廻転生し続けていたのではないでしょうか。

 

実際、親戚に復讐してしまったババジ様の過去生のミラレパ様は最後に毒殺されましたし、ダスカロスは敵を殺害したカルマのため心臓に障害を持っていましたし、ラムサ様は丸腰の時に背中から剣を突き刺されて、瀕死の重傷を負いました。

 

すんなりアセンションへの道を邁進することは出来ず、遠回りして代償を払ったようです。

 

ラムサ様は、重傷を負ったため、自分では何も出来なくなり、身の回りの世話を女性陣に委ねることになり、その女性達の献身的な看護から人を愛することを学んで完全性を手に入れたとおっしゃっております。

 

ダスカロスは、その後の人生においてイエス様の弟子となった時に、敵を許すことを教わりました。

 

神との合一を達成して全能の力を手に入れる前に、敵を許すことが必要とされているのは、敵を憎み続けている人間に全能の力が備わったら、その力を復讐することに使う可能性が大きいからです。

 

それはテロリストに核爆弾を与えるのと同じくらい危ないことです。

 

神との合一は、敵を許し、完全な無害性を達成した存在だけに開かれるのです。

 

我々は完成されたイエス様だけを見て、救世主として崇めるのではなくて、神との合一を引き起こした要因を、自分にとって最悪の敵を許した過去生に見つけて、それを見習うべきなのです。

 

そして、イエス様があらゆる人々から忌み嫌われた皮膚病に苦しんでいる人や、悪霊に取り憑かれた人を無条件に助けたのは、イエス様も過去生で兄達に奴隷として売り飛ばされて、何も悪い事をしていないのに2年間も牢屋に閉じ込められて、誰にも助けてもらえず苦しんでいたことがあったからであり、そんな地獄を体験したからこそ、地上で苦しんでいる人達を見殺しにすることが出来なかったのです。

 

イエス様の「敵を愛しなさい」という教えは、理想論ではなくて、イエス様の魂が地上で苦しんで自ら体得した天界に戻るための秘訣なのです。

AD

全国のアセンションを熱望している皆様こんにちは。

 

コーリー・グッドさんの最新情報が一番最初に読めるブログへようこそ。

 

前回の記事で、私は太陽フレアの直撃によって、クンダリーニが覚醒させられて、潜在意識が開かれて、過去生を思い出して、ネガティブな人は過去生の悪行を思い出して発狂するのではと予想しましたが、私が最初にこのブログに掲載したコーリー・グッドさんの情報にもそのようなことが書かれてありました。

 

コーリー・グッドによる「秘密宇宙計画」の内部告発 第1回目

 

『・「ブルー・エイビアンズ」は、これから太陽系はエネルギーが充満した宇宙のエリアに突入するため、激しいエネルギーの放射によって人類は精神的に進化し、第4密度へと移行するという。

 

しかし、この進化の過程は非常に激しく、この過程に生き残れない人間も多数出てくる。

 

・「秘密宇宙計画」はプラズマやガンマ線などの大量の放射を人間が浴びた場合、精神的にもどのような影響があるのか人体実験を行った。

 

すると、その人間の持っている本性が露になることが分かった。

 

だから、抑圧している闇が大きければ大きいほど、その人間は心の闇の噴出には耐えられなくなり、精神的にも破綻する。

 

他方、抱える闇が小さい人間ほど、ほとんどなんの変化も経験しない。

 

そのまま明るく生き続ける。

 

・また、こうしたエネルギー放射はもともと邪悪な精神性の「ドラコ同盟」にとっては脅威となる。

 

彼らはこのエネルギー放射には耐えることができず、生きて行くことはできない。

 

・いまの精神性が低いままでは、現代の人間はこのエネルギー放射に耐えることはできない。

 

人類の第4密度への進化は極めて困難だ。』

 

 

ここに出てくる「抑圧している闇」というのが、潜在意識に記憶されている過去生の悪行の数々ではないでしょうか。

 

また、太陽フレアは「エネルギーが充満した宇宙のエリアに突入する」ことによって引き起こされるそうなので、太陽が単独で太陽フレアを放出するのではなくて、エネルギーが充満した宇宙のエリアのエネルギーを太陽が吸収して、それを地球に向かって放出するようです。

 

そして、ここに出てくる「ガンマ線」は宇宙線なので、以下のジュワル・クール大師の予言とポール・ソロモンのリーディングも太陽フレアの直撃の時に成就するのではないかと思います。

 

 

物質界とアストラル界の間にあるエーテルの膜は破壊されつつある

 

 

ジュワル・クール大師の予言

 

『第七光線の活動がますます活発になるにつれて、他にもいくつかの宇宙線が私たちの地球に作用するようになり、それらの影響の結果、新しい人種タイプの出現が促進され、とりわけ、目に見える触知できる世界と目に見えず触知できない世界であるアストラル界とを隔てているベールが取り除かれるであろう。

 

「エーテルの膜」と呼ばれるベールが人体内の様々なフォース・センターを隔て、ヘッド・センターをアストラル界から保護しているように、物質界とアストラル界の間には隔てる膜がある。

 

これは、『宇宙線』(タケによる強調)が私たちの惑星に作用することによって、ゆっくり確実に引き裂かれていくであろう。

 

人体の脊柱上にある様々なセンター間に見られ、また(ヘッド・センターを保護している)頭頂に見られるエーテルの膜は、クンダリーニの火と呼ばれる神秘的な火に見られるフォースの活動によって破壊される。

 

現代の科学者が認識している宇宙線は惑星レベルでのクンダリーニの様相になっており、人体の場合と同じ効果を惑星ロゴスの肉体である地球にもたらす。

 

物質界とアストラル界の間にあるエーテルの膜は破壊されつつある。

 

世界の敏感な人々と心霊主義者たちがもうすぐ起こると予言しているのはこの出来事である。』

 

 

ポール・ソロモンのリーディング

 

 

『この戦争が地球を覆い、こうして-地震に関して我々が述べたものを理解せよ-そのような事件がこの惑星上に突発する時、あの幕が取り払われ、引き裂かれる-そうは語られてはいないか?

 

肉と霊との間の幕が引き裂かれるのがわかるのである。

 

その時、霊の軍勢が戦いのそれに加わるが、それは肉体に住む者たち(の間)にだけあるのではない。

 

肉と霊との間には違いが見られなくなるであろう。

 

このようにあのハルマゲドンの戦いは描写される。

 

これらが空中から、霊から入ってくる時、この物理的地球上の戦争の中にそれが起こるのである。

 

こうして幕が引き裂かれ、もはや霊と肉との分離はなくなり、あらゆるものが新しい次元をとるのである。

 

これらのことがその時起こり、即座に広がるであろう。

 

この速さを観察し、『この場所に神殿を建立しよう』と言う言明があの国民の指導者たちから発せられる時に、終わりを予期し、雲間に主の栄光、主の光を探せ。

 

今でさえそれは存在するもの全ての上に光を放ち、光を近づけるため、その機会を与えるために、ここにスピードを増してくるのを見よ。

 

これが、この時代この惑星地球上にそれほどまで接近する神の光であり、存在するもの全てに光を放つことを理解せよ。

 

このクリスマス彗星、この光の球がこの地球上に最接近するその時に向かって自分自身を開き、この光を飲みほせ。

 

そのようにして自分をキリストの性質に与えられているもの全てと交わるようにせよ。

 

その終わりに向かって自分を準備せよ。

 

この光は、覚醒を与える最後の試みとして通過するからである。』

 

 

ここに出てくる「エーテルの膜」「肉と霊との間の幕」というのが、物質界とアストラル界を隔てているため、現在の地球の大部分の人にはアストラル界に行った亡くなった人の姿を見ることが出来ません。

 

そのため、地球の大部分の人が「人生は一回しかない」「人間は死んだら骨になる」と思い込んでおり、「生きている内に思いっきり楽しまなきゃ損」という価値観を持って、自分勝手に生きています。

 

この「エーテルの膜・肉と霊との間の幕」が太陽フレアに圧縮された宇宙線によって一気に引き裂かれたら、地上に生きている人達の目にも、アストラル界に行った「死んでいなくなった」と思い込んでいた家族や友人や仲間を見ることが出来るようになって、「もはや霊と肉との分離はなくなり、あらゆるものが新しい次元をとる」のでしょう。

 

そして、「人生は一回しかない」というのは幻想だったのであり、肉体が死んでも、肉体という服を脱いだだけで、中の本質は生き続けており、その時にようやく人間は肉体に一時的に宿っているに過ぎないことに気付き、物質的な価値観から解放されて、霊的成長を目指すようになるのではないかと思われます。

 

 

 

 

転載開始

 

▼コーリー・グッドによる「秘密宇宙計画」の内部告発 第47回

 

 

●DNAの実験について

 

・約50万年前、火星の近辺にあったスーパーアースと別名呼ばれている「マルデック」という惑星が大爆発した。

 

その結果、古代ビルダー種族が太陽系に構築したシールドが破壊された。

 

そして、他の惑星系から地球外生物が大挙して地球に押し寄せた。

 

・このときこうした地球外生物のさまざまな種族は、人類のDNAを操作し改編する22の実験を開始した。

 

この実験は、人類の身体的、精神的な進化を導くためのものである。

 

・私がこの実験の存在を初めて知ったのは、13歳のときだった。

 

そのとき私は、まだMILABのトレーニング中だった。

 

そして直感的エンパスとして、土星の軌道上で行われた惑星間会議に出席した。

 

私の役割は遭遇する地球外生物の真意を確かめることだった。

 

・このとき私は、地球外生物の総合データーベースにアクセスできるスマートパッドを与えられた。

 

これでいまでも続く22の実験を知ることになったのだ。

 

・この実験のひとつの目的は、もうすぐやってくる太陽フレアの直撃による進化に、人類を準備させるためのものだ。

 

こうした進化は宇宙的な出来事であり、宇宙のさまざまな領域で幾度となく起こっている。

 

太陽系でもこれが最初の事例ではない。過去に何度か起こっている。

 

・もし地球外生物によるDNAの改編実験が行われていなければ、人類の進化はかなり遅く、困難なものとなるだろう。

 

 

転載終了

 

 

今回の情報で判明したのは、太陽フレアの直撃による進化が、宇宙のさまざまな領域で幾度となく起こっており、太陽系でも何度か起こっているということで、宇宙人達による地球人のDNA操作がそれに準備させるために行われたものだったということです。

 

日月神示では、これまで起きたことがないことが起きると預言されていたのですが、それは地球では初めてという意味で、他の星では起きてきたことのようですね。

 

ラムサ様によると、アヌンナキが地球の類人猿と自分達の遺伝子を掛け合わせて、地球人を作った際に、中脳と小脳しかなかった類人猿に、大脳が出来たそうです。

 

確かに、大脳が無いままだったら、今日のような文明は築くことは出来ず、猿のような生活様式のままだったろうから、太陽フレアが直撃してもアセンションは出来なかったでしょうね。

 

今までは、アヌンナキは地球人を金を採掘するための奴隷として作ったため、能力に制限をかけて、脳の機能を3%くらいしか使えない状態にされたから、否定的なイメージを持っていましたが、それでもアヌンナキに感謝するべきなのかもしれません。

 

それに、原始的な地球人に全能の力を与えてしまったら、戦争ですぐに全滅したり、宇宙に進出して他の星を征服しようとするので、能力に制限をかけて良かったのかもしれません。

AD

アセンションを目指している善良な皆様、こんばんは。

 

今週の「ヤスの備忘録連動メルマガ」では、コーリー・グッドさんは、すべての前世の体験の記憶を思い出すことを勧められているそうですが、そのような処置を一般人も受けられるようになる日が来るといいですね。

 

コーリー・グッドさんの情報では、巨大太陽フレアの直撃は、2020年~2024年に起きて、過去生の記憶にアクセスできるようになるそうなので、過去生の記憶を思い出すことはアセンションを達成するために必要なのでしょう。

 

「ラムサの教え」という本では、

 

http://vooot.net/ascension.html

 

「覚醒

 

人間の完全なる悟り、不死や無限なる精神の達成のこと。

 

覚醒は、脊髄の基底部にあるクンダリーニエネルギーを脳の休止状態の部分を起動させる第七シールまで上昇させた結果として起きる。

 

エネルギーが小脳や中脳を貫くと、潜在意識が開かれ、覚醒と呼ばれる眩しい光を体験する。」

 

 

と書かれており、「クンダリーニエネルギーが小脳や中脳を貫くと潜在意識が開かれる」つまり潜在意識に記録された前世の記憶を思い出すということだと思われます。

 

ということは、太陽フレアのエネルギーは、人間のクンダリーニエネルギーを強制的に引き上げる作用があるのでしょう。

 

ポール・ソロモンのリーディングでは、巨大彗星が地球に最接近する時に、クンダリーニエネルギーが強制的に引き上げられて、クンダリーニエネルギーに対処できない人達は発狂して自殺したりすると予言されていますが、太陽フレアも結局 巨大彗星と同じ作用があるのではないかと思われます。

 

太陽フレアの直撃によって、ネガティブな人はますますネガティブになって耐えられなくなるというのは、太陽フレアのエネルギー自体に耐えられないのではなくて、無理矢理引き上げられるクンダリーニエネルギーによって潜在意識に記憶されたすべてのネガティブな想いや記憶が表面に浮かび上がって、それに耐えられないのだと思います。

 

ポジティブな人達は、過去生でも善良な人生を送ってきたので、潜在意識に記憶された過去生の記憶がすべてよみがえっても、自分に誇りを持つことが出来て、ますますポジティブになります。

 

しかし、現在の人生でネガティブな人達は、過去生でもずっとネガティブで悪いことばかりしてきた可能性が大きいので、そんな数々の悪事の記憶をすべて思い出して、自己嫌悪に陥って発狂してしまうのでしょう。

 

 

 

転載開始

 

▼コーリー・グッドによる「秘密宇宙計画」の内部告発 第45回

 

今回は、前回の続きとして「GaiaTV」の視聴者との質疑応答をお伝えする。

 

ウィルコックの質問:

あなたは20年の時間の逆行を3回も経験していると言っているがそれについて教えてほしい。

 

答え:

私がちょうど瞳の手術をしていたとき、抑圧されていた2回の20年間の経験が一気によみがえって来た。

 

それはとても恐ろしく、とてつもないものだった。

 

耐えられなくなった。

 

そのときはゴンザレス中佐の配慮でマヤ族の宇宙船で治療を受け、よみがえった記憶を再度抑圧してもらった。

 

質問:

あなたは、自分の経験したすべての前世の体験の記憶を思い出すことを勧められているが、それを行うことにしたのか?

 

答え:

それはセンティネルという地球外生物から行うように勧められたが、そのときは私は拒否した。

 

ゴンザレスはそれを行ったが、まったく別人になってしまった。

 

しかしいま私は、地球外生物の助けを借りて、これを無理なく行えるように自分自身を変える過程にいる。

 

質問:

大きなトラウマをも持った人間が、他人を信頼でき心の平安を維持するにはどうしたらよいのか?

 

答え:

トラウマと向き合う以外に方法はない。トラウマと向き合うのは専門家の助けを必要とするが、トラウマの経験を思い出しても強い感情がわかなくなればそれは乗り越えたということだ。

 

私も大きなトラウマを抱えておりこれと向き合う努力をしているが、それは苦しい体験である。

 

しかし、私はなんとか乗り越えつつある。

 

質問:

タイムラインについての質問だ。我々の世界のタイムラインと「秘密宇宙プログラム」のタイムラインの2つがあるのだろうか?

 

または多くのタイムラインがあるのだろうか?

 

答え:

異なったタイムラインに合わせて現実が存在する。

 

それは2つではない。

 

実に多くのタイムラインがある。

 

質問:

地球上で普通に生きている自分と、「秘密宇宙プログラム」の一員として地球の外で生きている自分の2つが同時に存在するなどということはあり得るのだろうか?

 

答え:

それらは2つの異なったタイムラインだ。

 

だから、2人の自分が同時に存在しているということはない。

 

質問:

「秘密宇宙プログラム」の20年の勤務を終え、20年前の自分に時間をさかのぼったとき、「秘密宇宙プログラム」で受けた訓練などもすべて忘れてしまうのか?

 

答え:

20年前に送り返されるときに、20年間の記憶はすべて忘れ去られる。

 

だから、この間に培ったスキルや技能を忘れている。

 

しかし、記憶を思い出すことは可能だ。

 

質問;

もし「秘密宇宙プログラム」で別の惑星で勤務している自分がおり、20年前の自分がいたとすると、これはいったいどういうことなのか?

 

答え:

別な惑星で勤務しているタイムラインはそのまま継続し、20年前のタイムラインも継続している。

 

2つは異なったタイムラインだ。

 

タイムラインというものは奇麗に整理されたものではなく、あらゆるタイムラインが混在する混乱した状況だ。

 

質問:

もし普通の人間がディスクロージャーをこれから進めるためにはなにが必要になるのだろうか?

 

答え:

まずブルー・エイビアンズのような地球外生物の存在などから話すべきではない。

 

実はまだ公開できない進んだテクノロジーがあることを見せつけ精神的な準備をさせる以外に方法はない。

 

転載終了

AD