ロシア旅行に備えてレインブーツ並の耐水性のある防寒靴をワークマンで買った | 海外事業の助っ人 深川国際経営

海外事業の助っ人 深川国際経営

長年の海外経験で得たノウハウ・着眼点や多くのトラブル・失敗から学んだ教訓等を整理していきます。
下記の方々に訪問していただければ幸甚です。
(1)海外拠点の経営改善を切実にお考えの経営者
(2)海外駐在員
(3)海外拠点監査を担当されている方

先日、スポーツオーソリティでザノースフェイスの防寒ブーツが1万6000円で売っていたのでロシア旅行🇷🇺に備えて買おうと迷った。

しかし、僅か8日間のロシア旅行✈️だけの為に1万6000円は高いと思った。

別にスキーが趣味でもないし。

今、話題のワークマンに防水性が高く、雪や氷でも滑りにくい防寒靴がありそうな気がしたので今日、ワークマンを覗いてみた。

やっぱりあるある!


縫い目がなくレインブーツ並の耐水性でしかも滑りにくい防寒ブーツだ。

値段が、税込2900円というのも嬉しい。


ICE SLIP RESISTANTの表示もある。

ヒートテックの厚手のハイソックスとこの防寒ブーツがあれば、零下30℃のモスクワも安心して歩けそうだ。

ロシア人がよく被っている毛皮の帽子が欲しいところだが、日本では場違いな気がして被る機会はないかも。

毎月、青島に出張するが、冬寒い時は、零下5℃くらいにはなる。

零下5℃くらいなら毛糸の帽子で十分。

そう言えばこのワークマンの防寒ブーツは、冬青島出張する時、履いて行こう。


青島も冬は、雪が降って銀世界になることも、あるし、雪が凍って滑りやすい時もある。

毎月、青島出張するようになってもう5年であるが、ずっと普通のスニーカーで出張している。

12月の出張が楽しみだ。

また、冬バイク🏍に乗る時も履ける。

ちゃんとしたライティングブーツ🥾は持っているが、靴紐をいちいち縛るのが、面倒くさい。

このワークマンの防寒ブーツは、ギアペダルが当たる部分は傷むかもしれない。

傷んできたら、テープでも貼って補強するか。

最近、ワークマンの業績が好調で話題になっているが、確かに以前に比べ魅力的な商品が増えてきたような気がする。

先日、ワークマンで買ったバイク🏍用の手袋も革製なので最初は、固く脱着もしにくかったが、最近はだいぶ馴染んできた。

バイクショップで買った高価なバイク用手袋ほどのフィット感はないが、値段を考えれば、許せるレベルだ。

ワークマンは、価格が安く、機能性はそれなりの品なので時々覗いてみる価値はありそうだ。


最近、株主優待がよく、届く。

丸大食品から不在配達票。


丸大食品は、毎年この時期、ロースハムが届く。


ミニストップからはソフトクリーム券。

通常5枚であるが、今回システムトラブルのお詫びとしてプラス2枚。


吉野家からは食事券。


ゼリア新薬工業からは選ぶタイプ。


チヨダからは20%の割引券5枚。

店頭の表示価格から更に2割引いてくれるので有難い。

最近、日経平均が2万3千円台に乗せてきた。

年末2万4千円台を回復する可能性もあるな。

JTの800株買い注文を出しているが、今の指値では当面買えそうにない。

来年1月からまたNISA枠120万円が使えるようになる。

株主優待があり、配当利回りが良い割安な銘柄を物色したい。