昔から言われていることだけれども、体を動かすことは良いことだ。

 

逆に言えば、運動をしないで生活していることは決して良いとは言えないということだ。

 

つまり、運動不足は体によろしくないということだ。 それでも、運動をするのも限界もなしに体を動かせばよいというものではない。

 

 年齢や体調などによって人によって、適量の運動は違っていると思ったほうが良いだろう。

 

沢山、運動をするほど長生きするということでもないのだ。 適度な運動は推奨できるけれども、過度な運動はかえって命を削っていることもあるのだということを理解しておくべきなのだ。

 

最近は健康ブームで、年配の人が早朝から歩いたり走ったり、体を動かしている人をよく見かける。

 

でも中には、自分では気がついていないけれども、体が悲鳴を上げているのに運動をしている人もいるようなのだ。

 

そんな人は、健康によろしくない。 かえって体調の悪化を引き起こしている可能性が高い。

 

 そんな時はせんげん台で腕のいい整体で疲労回復させたほうがいいようだ。

 

まだ出来ると思っても、八分目くらいでやめる。 そんなことが肝心なのだよな。