月刊望星3月号に寄稿しています | 小倉沙耶のやわやわ日和

小倉沙耶のやわやわ日和

鉄道アーティスト小倉沙耶のマイペースな鉄生活ブログ


テーマ:

現在発売中の雑誌「望星3月号」の特集は「名鉄450キロの旅-濃尾三州のココロはつながるか-」です。



東海教育研究所発行ということで、東海地方の雑誌?と思われる方も多いかと思いますが、こちらは東海大学さんと関わりのある、東京の出版社さん。

以前「愛しの愛三岐」という特集では、愛知岐阜三重の鉄道の特徴などについてのインタビューを掲載いただきましたが、今回は名鉄についてのエッセイ「名鉄は愛知を繋ぐキューピッド」を執筆いたしました。

私は豊橋の出身。

だから、尾張の方とは名鉄の見え方がちょっと違っていて...

そんな思いなども書いています。

そしてこの特集、書き手や喋り手がとっても豪華!

大ナゴヤ鉄プレゼンバトルでは名古屋という土地と鉄道について語ってくださった、ライターの川合登志和さんによる「私を名古屋の先に連れてって」

大阪出身ながら4.5歳で名鉄を認識されていた東海ラジオ源石和輝アナウンサーによる「パノラマカーをもう一度」

生まれも育ちも名古屋だからこそ、そして地理地形に詳しいからこその話が満載の、タックイン三根孝彦さんによる「東海の中心で名鉄愛を叫ぶ」

名古屋大学教授で地域公共交通プロデューサーの加藤博和さんによる名鉄エリアの交通論「名鉄復活の日は近い?」

それぞれの名鉄愛がギュッと詰まっていて、保存版の一冊です。



さらに、尾張と三河と美濃が語る座談会記事も(笑)

ああ、三河ってこうなのよ、こんな感じなのよ。あ、尾張が仕切っとるじゃん...きっとこれ、三河は気にいらんだらぁ、なんて思っちゃいます。

大きな書店さんには置いてあるそう。我が地元、豊橋の精文館書店本店さんにも置かれていたよ!と情報がありました。

取り寄せも可能ですし、ネットなどでも取り扱いがありますので、お手に取っていただけたら嬉しいです☆

小倉沙耶さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ