今日は、作業療法学科の授業「基礎作業学Ⅱ」を紹介します。

「基礎作業学Ⅱ」では、いろいろな作業体験を行い、その作業について分析をしていきます。分析は少し大変ですが、作業体験はとても楽しいです!

今回の作業体験は、陶芸です。

まずは、粘土をこねて、それぞれ好きな形の器や、置物を作りました。

それから、素焼きです。みんな割れずにきれいに焼けて、一安心です!

それぞれ、個性のあるかわいいものが出来ました。さあ、早速つぎは、施釉です。

うまくいくかな・・・。

 

みんなで、窯に入れました。

あとは、焼き上がりを待つだけ・・・。ドキドキしますね。。。。

 

ジャジャ~ン!!

きれいに焼けたようですね。。(^_^)v

 

 

みんなで、品定め!?

作品持って、はいポーズ(^^)

 

 

一番左端の作品は、醤油を入れる小皿だそうです!!(どう見ても・・・)

 

いろいろな体験が出来て、楽しい授業です。

楽しさを感じることも、作業療法の一つ。みんな笑顔で、楽しい時間を過ごせたようですね。