小倉記念2017の予想 出走馬・軸馬データ。

サマー2000シリーズ 第52回 農林水産省賞典 小倉記念(GIII)2017【3歳以上オープン 2,000m (芝) ハンデ】 
出走馬、軸馬、レース傾向などの情報を無料で提供します。

小倉記念に関する最新情報を随時更新していきます。

テーマ:

8/6(日)に小倉11R・芝2000mにて
《小倉記念》が開催されます。

 

 




サマー2000シリーズの第3戦。

ハンデキャップ戦ということもあり
1番人気が11連敗中と波乱の重賞。


果たして2017年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はコレだ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

==========
小倉記念の出走馬
==========


枠 馬番 馬名 斤量 脚質 騎手
1 1 スピリッツミノル 55.0 差 幸英明
2 2 タツゴウゲキ 52.0 先 デムーロ
3 3 ヴォージュ 55.0 先 松若風馬
4 4 カフジプリンス 55.0 追 中谷雄太
4 5 フェルメッツァ 55.0 差 北村友一
5 6 ベルーフ 57.0 追 ホワイト
5 7 フェイマスエンド 54.0 先 松山弘平
6 8 サンマルティン 54.0 先 戸崎圭太
6 9 シャドウパーティー 54.0 差 浜中俊
7 10 ストロングタイタン 55.0 先 川田将雅
7 11 ケイティープライド 52.0 差 鮫島克駿
8 12 クランモンタナ 56.0 先 熊沢重文
8 13 バンドワゴン 54.0 先 和田竜二    


以上、出走馬13頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


ストロングタイタン

条件戦とはいえ5ヶ月ぶりだった
前走のマレーシアCでレコードV。

得意とする夏の舞台で、
ぐんぐんと調子を上げてきた。

小倉の舞台は4戦3勝。

夏場に限れば3戦全勝と負け知らず。

好条件が揃った今回。
初タイトル奪取に期待がかかる。


バンドワゴン

但馬Sを制してオープン入り。

前走・鳴尾記念は2番人気に支持されるも
最後に伸びあぐね7着と苦汁を舐めた。

今回の鞍上はきさらぎ賞2着など
騎乗実績[2.1.0.0]と好相性の
和田騎手との再コンビ結成。

ハンデ54kgも同馬にしては恵まれた感がある。

長期休養を乗り越えた素質馬の
重賞初制覇を期待したい。


⇒本当に狙うべき◎はコレだ!


サンマルティン

前走のむらさき賞は最速の上がり
3F33.3秒で差し切り勝ちと、
重賞でも軽視できない存在だ。

母ディアデラノビアはフローラS、
京都牝馬S、愛知杯と重賞を3勝。

良血が重賞初参戦でタイトル奪取を狙う。

また、戸崎騎手のJRA全10場制覇という
史上5人目の偉業を賭けた一戦でもある。


ベルーフ

小倉記念は2年連続で小差の2着。

ここ4走は着外に敗れているのに、
斤量は57kgと少し見込まれた感があるが
馬体面でいえば近走で一番良い状態。

今度こそ“3度目の正直”で
悲願のタイトル奪取を狙う。

得意舞台で復活の狼煙を上げられるか。


タツゴウゲキ

前走の七夕賞は不利もあり
差し届かずの6着。

ただ、不利を受けた後にも
もう一度盛り返して追い上げた点は
評価できる内容だった。

今回は格上挑戦となるが、
重賞男のM.デムーロに乗り替わりなので
斤量差(52kg)を活かした走りに期待。

格下の身ながら一発の可能性は十分。


⇒本当に狙うべき◎はコレだ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【0-3-2-5】
2番人気【1-1-1-7】
3番人気【3-0-1-6】
4番人気【1-2-0-7】
5番人気【0-1-0-9】
6番人気【2-1-1-6】
7~9番人気【1-1-3-25】
10番人気以下【2-1-2-55】


1番人気は複勝率50%ながら
勝利は一度も無く11連敗。

3連複は万馬券がほとんどで
10万馬券も出ている。

ただし、単勝100倍以上の超大穴は
来ていないので注意。


⇒本当に狙うべき◎はコレだ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【0-1-2-11】
2枠【2-0-2-12】
3枠【3-1-1-12】
4枠【0-1-0-16】
5枠【0-4-1-14】
6枠【1-2-0-17】
7枠【1-0-2-20】
8枠【3-1-2-18】


1コーナーまでの距離が
約470mと長いため、
枠による有利不利はほぼ無い。

但し、開幕2週目でインコースが
走りやすいので注意したい。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-0-1-10】
先行【5-4-5-19】
差し【4-5-1-51】
追込【0-1-3-39】
マクリ【1-0-0-1】


小回り平坦で直線距離も短いので
基本的には前が有利。

また、マクって早めに上がって
いける差し馬も相性が良い。


⇒本当に狙うべき◎はコレだ!


==========
予想情報局の総括
==========


最近のハンデ重賞ではよくある傾向だが、
軽ハンデ馬の活躍がほとんど望めないレースと
なってしまっている小倉記念。


このところ目につくのは、
近走で重賞を好走している馬の活躍だ。


しかも、何度も好走している必要はなく
重賞出走自体が少なくても構わない。


また、G1戦線を使ってきた馬なら
休養明けでも警戒する必要がある。


距離は同距離か、距離短縮した馬が狙い目。


年齢別では4歳、5歳馬の好走が目立ち
7歳が2勝。8歳馬が1勝と高齢馬も軽視はできない。


よって、前走重賞組を中心視して、
~~~~~~~~~~~~~~~
年齢や先行できる脚の有無で予想したい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~



⇒本当に狙うべき◎はコレだ!


 本命は【ベルーフ
=========

昨年の2着馬であり、3年連続の連対を
今度こそ勝利で飾りたいところ。

今年は状態面も非常に良い。

昨年の勝ち馬クランモンタナも出ているが
あちらは1年経って勢いが下降気味だ。

障害勝利がカンフル剤になるかもしれないが
期待できるのは5歳馬であるこちらの方だろう。


対抗は【スピリッツミノル
=============

3歳時に3連勝で皐月賞に駒を進めた実績を持つ。

そこでも一桁着順に入っている。

重賞勝ちこそないものの、
G1戦線で戦ってきた相手が違う。

小倉でベルーフに0.3秒先着の実績もあり
ここらで大仕事をやってのけるかも。


そして【ケイティープライド
==============

52kgのハンデG3での走りがなかなかのもの。

6回走って[0.1.1.4]と馬券にもなっているし
掲示板を外したのが1回だけという堅実さも良い。


最後に【バンドワゴン
===========

2年の休養があって出世が遅れているが
あわてずにランクアップして来た。

オープン緒戦の前走があの内容なら
2戦目での期待は大きい。

元はきさらぎ賞で1番人気2着だった馬。


以上を加味した馬券戦略は

◎ 6.ベルーフ
◯ 1.スピリッツミノル
▲11.ケイティープライド
☆13.バンドワゴン



馬連で4頭のボックスを買う。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

 

競馬の最新ニュースは下記の各種SNSか

無料アプリで日々更新しております。

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter

【LINE@】
https://line.me/R/ti/p/%40jkg9973a


こちらも併せてフォロー頂けますと幸いです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。