小倉記念2018の予想 出走馬・軸馬データ。

小倉記念2018の予想 出走馬・軸馬データ。

サマー2000シリーズ 第53回 農林水産省賞典 小倉記念(GIII)2018【3歳以上オープン 2,000m (芝) ハンデ】 
出走馬、軸馬、レース傾向などの情報を無料で提供します。

小倉記念に関する最新情報を随時更新していきます。

テーマ:

8/5(日)小倉11R・芝2000m(ハンデ)にて
《小倉記念》が開催されます。

 

 




サマー2000シリーズの第3戦。

ハンデキャップ戦ということもあり
1番人気が12連敗中と波乱の重賞。


果たして2018年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

==========
小倉記念の出走馬
==========


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 キョウヘイ 55.0 高倉稜
2 2 レイホーロマンス 51.0 北村友一
3 3 ストーンウェア 54.0 蛯名正義
4 4 ストロングタイタン 57.0 B.アヴドゥラ
5 5 キンショーユキヒメ 54.0 秋山真一郎
5 6 マイネルサージュ 56.0 和田竜二
6 7 マウントゴールド 54.0 浜中俊
6 8 メドウラーク 56.0 丸田恭介
7 9 エーティーサンダー 51.0 荻野極
7 10 サトノクロニクル 57.0 M.デムーロ
8 11 トリオンフ 57.0 武豊
8 12 サンマルティン 56.0 池添謙一


以上、出走馬12頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


トリオンフ

今年の小倉大賞典の勝ち馬。
後続に2馬身半差をつける圧巻の内容だった。

その後の大阪杯は8着に敗れたが
続く新潟大賞典4着、前走の鳴尾記念では
レコードで勝ったストロングタイタンに
0秒1差の2着と重賞で安定した走りを披露。

今回は得意とする小倉の舞台だし
鞍上には初コンビとなる武豊騎手を確保。

秋への飛躍を誓うためにも
2つ目のタイトルを奪取しておきたい。


サトノクロニクル

今回は約3か月ぶりのレースだが
間隔が空いても力を出せるタイプで
実績からも凡走は考えにくい。

鞍上には中京開催では勝ち星量産に成功した
M.デムーロ騎手とのコンビが久々に復活。

セントライト記念3着、チャレンジC勝利と
この馬との相性はバツグンといえるだけに
有馬記念、天皇賞・春の大敗は
相手関係含め度外視していいかもしれない。

ここは巻き返しを期待したいところ。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


サンマルティン

福島記念14着の大敗以外は安定感があり
昨年の同レース2着の実績も残している。

前走で負かしたエアアンセムが
函館記念を制しているように
前走の都大路Sのレベルも高かったといえる。

引き続き池添騎手が騎乗するのも好材料。

昨年のリベンジを果たし
初タイトル奪取なるか注目したい。


ストロングタイタン

前々走の鳴尾記念ではコースレコードを
更新して重賞初制覇を達成。

夏場に調子を上げるタイプで
ひとたび好調のゾーンに入ると
その期間を長く維持できる傾向がある。

鞍上は今週から短期免許で来日している
アヴドゥラ騎手とのコンビで参戦。

身元請負人が池江調教師ということもあってか
いきなりの大役抜擢となった。

デムーロ、ルメール、モレイラ騎手ほど
騎乗馬が騎手人気しないうちに
先物買いで買うのも手かもしれない。


マイネルサージュ

前々走の福島民報杯で勝利を収め
前走の七夕賞でも2着に入った実力馬

ハービンジャー産駒らしいしぶとさを
持っている馬で、上がりのタイムを要す
厳しいレースの方が真価を発揮できる。

今回は速い時計の出やすい
小倉への対応が鍵となりそうだ。

休み明け2走目で状態面の上積みが
期待できるのは魅力と考えていいだろう。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【0-3-2-5】
2番人気【1-2-1-6】
3番人気【3-0-1-6】
4番人気【2-2-0-6】
5番人気【0-1-0-9】
6番人気【1-1-2-6】
7~9番人気【1-0-3-26】
10番人気以下【2-1-1-57】


1番人気は複勝率50%ながら
勝利は一度も無く12連敗中。

3連複は万馬券がほとんどで
10万馬券も出ている。

ただし、単勝100倍以上の超大穴は
来ていないので注意。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【0-0-2-12】
2枠【2-0-2-12】
3枠【3-1-1-12】
4枠【0-1-1-16】
5枠【0-4-1-14】
6枠【1-3-0-16】
7枠【1-0-1-21】
8枠【3-1-2-18】


1コーナーまでの距離が
約470mと長いため
枠による有利不利はほぼ無い。

ただし、開幕2週目でインコースが
走りやすいので注意したい。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-0-1-10】
先行【5-3-4-20】
差し【4-5-2-50】
追込【0-1-3-40】
マクリ【1-1-0-1】


小回り平坦で直線距離も短いので
基本的には前が有利。

また、マクって早めに上がって
いける差し馬も相性が良い。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


===========
予想情報局の総括
===========

最近のハンデ重賞ではよくある傾向だが
軽ハンデ馬の活躍がほとんど望めないレースと
なってしまっている小倉記念。


さて、レースの傾向を見ていくと
過去10年で3着以内に入った30頭中
23頭が前走重賞だった。

そのうちの5頭が前走G1で
しかも着外だった。

G1での負けから巻き返す馬が多いので
今年も注意したいと思う。


他の重賞で注目はG3で
特に七夕賞と鳴尾記念組が好成績。


七夕賞組で狙っていきたいのは
連対した馬(複勝率40%)と
3番人気以内だった馬(複勝率50%)。


鳴尾記念は3頭出走しており
1頭が勝っている。


距離は同距離か、距離短縮した馬が狙い目。


馬齢の中心となるのは4~5歳馬で
特に5歳牝馬は複勝率60%と優秀。


よって、前走重賞組を中心視して
~~~~~~~~~~~~~~
年齢や先行できる脚の有無で予想したい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【サトノクロニカル
=============

前走は天皇賞を12着だったが
着順を気にしなくていいのはデータで出ている。

ここは巻き返しを期待したいところ。


対抗は【トリオンフ
==========

前走鳴尾記念を2着は評価していい。

小倉は3戦2勝2着1回と3連対と
好相性の舞台だ。


以上を加味した馬券戦略は

◎:サトノクロニカル
〇:トリオンフ
▲:メドウラーク
△:マイネルサージュ
△:レイホーロマンス



絞り込んだうえで手厚く勝負したい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

P.S.

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

その他にも下記の無料アプリや各種SNSにて
競馬の最新ニュースをリアルタイム更新しております。

【無料アプリ】
https://goo.gl/kmm86A

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(__)m

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス