たべものミイラ実験 | 国語講師の学習ブログ ~札幌発!こくごの教室

国語講師の学習ブログ ~札幌発!こくごの教室

国語専門塾みがく塾長によるブログ。授業内容から家族との日常生活まで幅広く記事にしています。

昨日から娘と「実験レポート」学習を始めています。何度か行ったことがあるのですが、ひかりも小学生になったので、体系的に取り組んでもらおうかと思いまして。


題して、「たべものミイラ実験」!!ちくわ、ウインナー、ソーセージを用意して、ラップをかけずにそれらを冷蔵庫に入れます。一週間でどんな変化があるのか観察するという内容です。



まずは、それぞれの長さと重さをはかって記録します。終わったら予想立て。ひかりは、


★ちくわ→縮む。水に入れるともとに戻る。

★ウインナー→縮まない。

★ソーセージ→縮む。水に入れると戻る。

と予想しました。


1日目(翌日)、3日目、5日目、7日目にもそれぞれ長さと重さをはかります。また、見た目や触感などの観察も。

7日目に実験終了。縮んだものがあれば、長さと重さをはかった後に水に浸けて1日置きます。そして翌日どうなっているかを観察するという流れです。


ちくわミイラが出来るのは、実は経験済み。ひかりも知っています。でもウインナーとソーセージはどうなのかわかりません。含有している水分量が鍵なのかな。ワクワクドキドキしながら、観察を続けたいと思います。



簡単な実験なので、皆さんも一緒にどうでしょうか😄