悠太郎が綴る中学受験国語と、ときどきパパナス育児ブログ

悠太郎が綴る中学受験国語と、ときどきパパナス育児ブログ

中学受験と国語、まれに育児、ゆる~~く綴ります。

二冊目
中学受験国語「気持ち」を読み解く読解レッスン帖2発展編 (YELL books)/エール出版社
¥価格不明
Amazon.co.jp

一冊目


中学受験国語 「気持ち」を読み解く読解レッスン帖 (Yell books)/エール出版社

¥1,620
Amazon.co.jp

それなりに、ひそかに、極一部で好評で、発売中!!


一冊目巻末にある、「中学受験 国語 気持ち言葉 一覧」の表
(微修正前、お見苦しいところありますが、ご容赦ください)
http://amp01.com/yutaro/shinjo.pdf

吉祥寺にあります、AMPという塾に勤めています
http://amp01.com/

算数でお困りの方は、当塾代表のブログもお目通しを

http://3su1000nin.cocolog-nifty.com/blog/


 

夏期講習ですね……

 

感染者数、増えているのが、気がかりですが……。。。

 

ここ最近何度か綴っていますが、改めて、それらのまとめ、諸注意を

 

 

① 水分補給、しっかりと

 

なるべくお茶類推奨

 

ひっそりと、かつ、たっぷりと、砂糖が入ったもの、この夏期講習中に何十回と摂取されるの、健康によろしくないのでは、と

 

お子様の体重を40キロと仮定

 

ペットボトルの飲料、0.5キロ

 

80分の1、を毎日のように砂糖いっぱいのものは…………

 

 

② 羽織るものを、どうぞ

 

冷房ガンガンかもしれません

 

冷房に強くないお子様は、羽織るものをお持ちになってください

 

 

③ 体調不良・精神疲労の見極めを

 

時には思い切って休ませることも、ありかと思います

 

 

④ お弁当の交換、注意

 

傷まないように、などとお弁当を何年も作っている方には釈迦に説法で失礼します

 

しかし、お弁当の交換など、よろしゅうないのでは、と

 

理由、万が一の際、お子様が悪者になりかねません

 

同様に、相手のご家庭を恨むことになりかねません

 

交換用には、市販のゼリーを凍らせたものを保冷材代わりに、なんてのもよいかも

 

 

⑤ ご家族の体調も、注意を

 

応援する側、支える側に異常があると、お子様は万全に授業に臨めません

 

支えるためには、支える側のケアも大切です

 

 

⑥ 塾の行き帰り、安全に注意を

 

平日午前、ラッシュアワーです

 

それだけで、体力を消耗されるお子様もいらっしゃいます

 

場合によっては、迂回ルート、バス併用も視野に

 

PASMOのチャージが無くて、どうしていいかわからず、駅構内で何時間も立ち往生、なんてこともないように

 

帰宅時間、日がなかなか落ちないからと言って、普段通らないような道はご法度です

 

(ポケモンゲットするために、変に遠回りして帰る、なんてこと、ありませんよね?)

 

 

⑦ 一日、一週間、塾の休みを考えての計画を

 

塾に行く前には、これとあれ

 

帰ったら、それ

 

など、ルーチン化推奨

 

塾のある日、ない日で、スケジュール、立てていますか?

 

また、計画が予定通り行かないことを考えて計画を立てても、その計画通りに行かないことも……

 

ルーチン化と、突発的な事態に対応する柔軟性を



 

……と、以上でしょうか

 

塾講師側としては、

 

この夏にはある程度の負荷がかかり、お子様のストレスになることを厭わない

 

というお気持ちをご家庭が持っていると、大変ありがたいですが……

 

この夏を価値あるものにするためには、どうしても、仕方がない面があります

 

とはいえ、上記③も忘れずに、とは思います


 

実りある夏期講習となりますように……





 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

というわけで、

 

明日の記事更新お休みです。

 

次回更新、明後日月曜日となります。

 

ご了承願います。

 

 

夏期講習の駆け込み受講、まだ大丈夫です。

 

よろしければ、ご検討を。

 

http://amp01.com/


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

中学校受験ランキング

毎年、定番の記事をば

 

最後に、やや尖った追記を少々。

 

例によって、明日は記事更新、お休みさせて頂きます

 

 

 

 

9月に入ると、本格的に過去問を取り組むようになってきます

 

 

塾によっては、この夏期講習から、ちょいちょい取り組む場合もあるでしょう

 

 

 

 

有名どころで二社、学校ごとのものを販売しています

 

 

 

学校ごとでなく、年度ごと、あるいは年度の科目ごとで販売しているところもありますが。

 

 

 

塾の先生、という職業をやっている人くらいしか、それらを見比べたりしないかと思いますが

 

 

 

答えを見比べて、異なる答えが出されているケースがあります

 

 

 

学校で模範解答を公開、説明会で配布されているところでは、それを採用しているようですが

 

 

 

説明会が九月以降だと、出版に間に合わないません

 

 

やはり、基本は各社のスタッフの方が解き、解答を作ります

 

 

 

数年前、文章の穴埋めで、二つの会社が異なる答えを出していました

 

 

 

出典をあたり、確認すると、当然ながらある社の間違いが浮き彫りになりました

 

 

また、長めの記述を課す学校、特に物語文ならば、その内容が大きく分かれます

 

 

(文末まで分かれるのは勘弁してほしいところですが)

 

 

 

スタッフの方次第、ということになってしまうので、なんとも言い難いですが

 

 

 

出版社が出す模範解答は、おおむね似たり寄ったりです

 

 

 

ただ、四谷大塚さんのホームページでは、「過去問データベース」なるものがあります

 

 

 

登録すると、無料で、掲載されている過去問・解答が閲覧できます

 

 

御三家などの記述主体の学校の解答に関しては、こちらをご覧になるのが一番安心です

 

 

(メインどころはおいといて、先生方の業務として解答を作り公開しているわけではないので、著作権やら先生方の趣味やらで、問題・解答はあったりなかったりです。無料なものなので文句は言えません。それでも充分有難いものがあります)

 

 

塾によっては、解答を提出すると、先生が採点してくれるところもあるかと思います

 

 

現状ご信頼されているならば、その先生の採点をそのまま信頼なさってください

 

 

ただ、そういった塾でない、採点してもらっても返ってくるのが遅い、などあれば、四谷大塚さんのホームページにごアクセスされるとよろしいかと思います

 

 

(どこぞの塾と違って、なにか勧誘やらに遭うことは絶対にありませんから)

 

 


 

追記…

 

今から綴ること、親御様にとっては、活用しづらいものかもしれません

 

ただし、やりようがあるならば、ご活用ください

 

① (可能ならば)志望校に進学した先輩から、中間期末を見せてもらう

 

なぜか

 

一般的には、解答用紙、というものは、

 

その枠内に模範解答が収まるように、作られています

 

作られています

 

一般的には……

 

特定の学校において、期末中間テストの問題構成、解答用紙が、

 

入試のものと酷似しているところがあります

 

その学校さんの、テストの模範解答を見たとき、おどろく……

 

「模範解答、解答欄を、めっちゃ、はみだしてる……!!?」

 

ええ、入試において、学校側が、模範解答を公表いしていないところなんですが、

 

当然ながら、各出版社さん、その解答欄を念頭に、字数などを調整してますが……

 

その学校においては、字をとにかく小さくして、答えをたくさん書いた方がいいやも……

 

ちなみに、お子様が解答欄をはみ出した場合、採点対象外になります

 

 

② 模範解答に固執しすぎない

 

とある学校の、とある年度…

 

とある塾さんが、教材に流用しました

 

模範解答が公表される前の段階です

 

つまり、塾側としては、講師陣が解き、

 

答えがこれだ、となったものがあります

 

しかし、それが、模範解答と、異なっていたことがあります

 

これから、学べることは、なんでしょうか??

 

その塾の教材作成スタッフの力量を疑うことではないです

 

……いやぁ、だって、それ、ちょっと微妙だったんですもの……。。。

 

もちろん、正解が設定してあるものなので、模範解答がいいのは、確かなんですが、

 

その一問を正解するために、これまで教わったこととは、

 

かなり毛色が違うやり方を習得し、

 

それを解けるようにしたとしても、

 

そのやり方を別の設問にあてはめてしまったら、

 

不正解になるやもしれません。。。

 

ならば、その一問のために、それを解く労力、お時間を

 

別のものに振り分けた方が、はるかに、いいです

 

 

とある教育者の、著名な中学入試本に、

 

塾の教材の模範解答に、違うのではないか、と指摘したら、

 

「その流用元の学校の模範解答がこれだから、

 

(間違っていても)それを正解にしている」

 

なんてご回答があった、なんてことも……

 

(読んだのが随分昔なので、言い回しなど、異なっているかと思います)

 

 

何がよくて、何がよろしゅうないのか、という話にもなりましょうが……

 

いずれにせよ、入試受験者の半数くらいが、

 

得点が半分くらいのもので、満点勝負の世界ではないです

 

中学入試の国語は。

 

その一部を突き詰めようとしすぎると、よろしゅうないですよ、と

 

①のこともそうです。

 

多くを書く、ということをじゃあしようとなって、

 

その他の設問に取り組む時間が、減少し、得点も下がる可能性もあります

 

 

この種の情報、一部しか知らないようなもの、というものは、

 

知っている人数が少ないから、価値がある、というものでもありません

 

 

お気を付けくださいまし……。。。

 

おそらく、だいたいの塾でも、共通かと思います。

 

 

① 4年生の社会

 

夏期講習で、新規に何か進む、ということはないです。

 

復習となります。

 

ここで、ひとつ。

 

偏差値が50以下の場合。

 

ほんとうに、お願いですから、がんばってください。

 

このがんばれ、という指示が不明確ならば、

 

相応の復習時間の確保、と言い換えます。

 

4年前期のものであれば、

 

都道府県名なり、平野や川、主要都市の学習が中心だったはず。

 

今後は、それらが知っていて当然という体で、

 

新しい分野を学びます。

 

復習だから、と、気をゆるまずに、

 

上記のもの、確実にすること、強く勧めます。

 

 

② 5年生社会

 

多くの塾では、5年前期で地理を終えて、

 

後期から、歴史に入るかと。

 

ならば、この夏期が、地理の基礎固め、(カリキュラム上)最後のときです。

 

6年生になって触れるのは、

 

基礎基本ができあがった前提です。

 

故に、大事。

 

 

③ 6年生社会

 

お通いの塾、志望にて、大きく異なります。

 

難しい塾において、

 

夏期講習の学習が、夏期講習明けのテストの成績に関わること、

 

おそらくないです。

 

無駄、というわけではないです。

 

ただし、基礎的なものが主体となり、

 

故に、後期テストの難易度から考えると、

 

知ってるとよい、でなく、知らなかったらいかんともしがたい

 

というレベルとなり、

 

基礎基本を知ったからといって、

 

どうこうなるレベルではないこと、多し。

 

故に、学習努力と、偏差値と、

 

相関がないものと見なした方が、無難。

 

志望校の過去問での点数で、ご判断を。

 

 

志望校も同様。

 

基礎基本でよいところもあれば、

 

かなり発展的なものを課す学校も。

 

それに合わせて、学習なさってください。

 

 

 

 

総じて…

 

苦手を克服…定着が甘かった基礎基本ができたとして、

 

その直後のテスト結果と、相関しない場合があり、

 

意欲的な面で、難しいやも。

 

必ず、テスト以外のスケールとなりものを、ご用意して、

 

その出来の変化で、がんばりを評価なさるとよいかも??

 

…です。

 

 

…5年からの夏期であれば、

 

その努力と相関が見えづらい、ということを知っていただければ。

 

もし、4年生ならば、

 

この時の努力が、今後に大きな影響を与える、と、肝に銘じておくこと、強く強く、願います。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

吉祥寺にあります、AMPという塾にて、

 

 

国語を教えています

 

 

http://amp01.com/

 

追加として、こちらも

 

Q&A | AMP 受験算数・国語専門塾 (amp01.com)

 

 

お問い合わせが多かったもの、

 

Q&Aとして、記しております


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

中学校受験ランキング