.2018年も後半になったせいか、1週間、なんだか速かった~!*:..。o

で日曜日、でもう今週が始まっています。

さて、あらたな1週間を乗り越えんとー

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆昨日は車で行ける会場へ 島津亜矢さんのコンサートに行ってきました。

 

美空ひばりさんの ♫ひばりの佐渡情話 を歌われました。

「あ、母が一番好きだった歌だな。ベッドの人となってもカセットで聞いて涙を流していたな」

 

前奏が刻まれ、さーどおおお 何音上がるのかわからない歌いだし・・・母が好んだ裏声のところだ、

正視して聞いていた

次の瞬間

 

何がどう、どこから起こったのかわからない

半鐘の音のような、いや、形容できないような音が来て

我を忘れていました。

 

ひばりさんのうなりとは違った音を突然届けられ

母のいろいろな姿が回りだします。

 

亜矢ちゃんの あの音は

世の中に起こることも人知を超えることも、喜怒哀楽のすべてをも抱き持った

音でした。

「裏みちの花」「人生川」  亜矢ちゃんの初期の歌

これまでコンサートではあまり聞くことがなかったこれらの曲でも その鐘のような楽器のような「音」が鳴り響きました。

ちあきなおみさんの顔も浮かんだけれど

もちろん 島津亜矢さんの紡ぎだす「音」です。

 

 

母も叔母も、少女のようになるほどに、「おかあさん」「おとうさん」といい、

娘より誰より瞼に見えていたのは両親なんやね・・・と従姉と話したもんです。

歌詞も曲も歌唱もひとつになって 聞き手の心象風景を引き出してくれるものなのだと

 

改めて思いました。

 

 

美空ひばりさんの番組で

亜矢さんが「一本のえんぴつ」を歌うきっかけがお母様だったと

話されていました。。

 

中島みゆきさんの曲を歌うきっかけもお母さんだったので

やっぱり平成の美空ひばりさん親子ビックリマーク だな

亜矢さんの時代に間に合ってよかったとしみじみしています。

 

美空ひばりさんがそうだったように、 涙しながらもくずれることなく歌い、笑顔であおってくれる

強き存在でいてくれることに感謝です。

 

お門違いのような内容、最期までお読みただきまして ありがとうございます。m(_ _ )m

よろしければ、ワンクリック お願いいたします。   

 

にほんブログ村

 

お問い合わせはこちらからどうぞ  → 手紙

 

 

 

むさしの小学校/サレジオ小学校/東星学園小学校中学校/国立音楽大学付属小学校/国立学園小学校/桐朋小学校/学芸大附属小学校/晃華学園中学校/明星小学校/桐朋女子中学校/共立第二中学校/桜美林中学校/成蹊中学校/早稲田中等学校中等部/明治学院中学校/恵泉中学校/成城中学校/大妻中学校/立教池袋中学校/立教新座中学校/立教女学院中学校/西武文理中学校/中央大付属中学校/共立女子中学校/光塩女子学園中等科/都立立川国際中等教育学校/明治大学付属中野中学校/明治大学付属中野八王子中学校/国学院久我/日本大学第一中学校/日本大学第二中学校/日本大学豊山中学校/日本大学第三中学校/頴明館中学校/武蔵野女子学院中学校/白梅清修中学校/埼玉平成中学校/東海大学菅生高等学校中等部/東京電機大学中学校/明法中学校/十文字中学校/サレジオ中学校/東京学芸大附属小金井中学校/吉祥女子中学校/鴎友学園女子中学校/東星学園中学校/桜華学園中学校/明星中学校/文華女子中学校/工学院付属中学校/啓明学園中学校/八王子学園八王子中学校/八王子実践中学校/大妻多摩中学校/東京純心女子中学校/聖徳学園中学校/藤村女子中学校/国立音楽大学付属中