宮古訪問 | bunbunラボ

bunbunラボ

社員に伝えたいあんなことやこんなこと。
いろんな事象にからめて発信するとわかりやすいかもしれない、
というコンセプトのもとコミュニケーションを日々研究中。
社員とのコミュニケーションのネタにどーぞ。


テーマ:

震災から1年。

先週、仕事で東北のがれき処理現場にいってきました。

復興の速度は私にはわかりませんが、

とにかく、がれきは本当に大量でした。

想像していた以上に。


そして、とにかくぐちゃぐちゃでした。

大事なものも、再利用できるものも、

きちんと処理しなきゃいけないものも。

すべてぐちゃぐちゃに混ざっていました。


そして、みんな、それを手で選別しているのです。


結局、機械では大事なアルバムと木材を

選別できないのです。


この作業を行っている人たちは、

津波で家を流された地元の人たち。

責任のなすりつけ合いをしている人が連日報道される中、

こういう人たちの努力が積み重ねられているのです。

この姿を、建設業にかかわる広報として

なんとか伝えたいと思いました。


ところで、現地に行って自分の目で見ることは大切ですが、

むやみに行くと本当に危険です。

がれき処理プラントはものすごい粉じんです。

小さい鉄くずなんかが降ってきますし、

木片はかなりの大きさなので、目を傷つけます。

ヘルメット、ゴーグル、マスク、軍手、作業着、安全靴。

さらに、見学の際には何も手に持たずに行くことが大切です。

もし行く機会がある方は、こういったことを忘れずに。

bunbunラボ

bunbunさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス