ヒプノセラピーご感想 / 一粒の命 | 女性のこころ支援カウンセリングサロン☆sapporo-hipuco(札幌ヒプコ)

女性のこころ支援カウンセリングサロン☆sapporo-hipuco(札幌ヒプコ)

結婚・離婚・子育て・パートナーや親との問題、PTSD・被害や加害のトラウマ・依存症など
女性特有のこころを支援し、精神的・社会的なスキルアップにつながるカウンセリング・セラピーを提供しつづけています。
その殻を破る為の安全な場所を用意し、お待ちしています。


テーマ:
こんばんは月
サッポロ。やっとこ暖かくなってまいりました。

季節の流れに添うように、最近は沢山の可能性の種、
着床や発芽の瞬間を見せて頂いていますクローバー
それは当然のことではありますが、
発する光の奇跡のような美しさダイヤ

感動で体温が上がります。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。
年令退行セッションご感想

今回は、胎児への退行セッションを受けました。

最初に見えたのは、青い半透明の小さな小さな体。
指はなく、剣先のような形の手足を持っています。
視点から察するに、自分はその胎児のようでした。
何か掴める、安心できる拠り所が欲しくて、
手足をバタバタさせていましたが、
どうやら壁は遠くにあるようで届きません。

遥か上にある小さな穴からは、光が差していました。
そこから聞こえたのは、外の世界の音。
テーブルを引きずる音。
姉の甲高い怒鳴り声。
父の怒鳴り声。
そしてまた、姉の金切り声。
セッションを思い出すと、
今でもありありとその声が再生されます。

「外に出て、その人に会ったらどうしようと思った?」
というにしのさんの質問に、
胎児の私は「恐いから、なるべく自分の表情を見せず、
本心を隠さなきゃ」と答えました。

ここで、ハッと気がつきました。
その感覚は、私が人と会う時や話す時に
いつも感じていたものと同じでした。
心の中の自分はいつも、本心がバレないかハラハラしながら、
必死に顔を隠していたのです。

そして、にしのさんに
「生まれることは素晴らしいこと」と言われた時、
私の心はとても強く反発しました。
「生まれることは、つらくて苦しいことだ!素晴らしくなんかない!」
外に出れば、怒鳴り声はさらに近くで聞こえるようになり、
そしていずれ自分に向けられる、とわかっていたのです。

その時の私の
「生まれたい」という気持ちは、
ほんの一粒の米粒しかありませんでした。
しかも精米前の、固い殻に入ったお米。
でもその気持ちに光を当ててあげると、徐々に炊けてきて、
最後にはふっくら、つやつやの美味しそうな米粒になりました。
ほんの一粒というのは変わらないけれど、
それでも少しは癒されたのかな、と思います。

このセッション以降、心のつかえがなくなって、
楽に喋れるようになりました。
何がどうなってこうなったのか、細かいことはよくわかりませんが、
人と話すことが前よりも楽しくなったのは確かです。

次回のセッションも、楽しみにしています。
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..

ありがとうございました^^
ほんの1%、あるかないかの可能性が
99%の抑圧、葛藤、恐れを超えたのです。

素直な集中力は植物の様に強く、
一見心配な(若くてかわいいから笑)
クライアント様の芯を強力に守っています。

たのしみです。本当に^^


生きている実感は、痛み、苦しみ、不安で自分をいじめる事からではなく、
喜びや楽しみから感じるのです。

何が出来なくてもいい
何の名前がつかなくてもいい
何に認められなくてもいい

あなたが笑っていればいい

ただ自分を楽しむ事を喜んでいてほしい
私もささやかに、皆さまとともに、そんな毎日を過ごして行きたいと願います。

「それがナカナカねぇ~」「ですよね~」なんて笑いながら
yuh

サッポロヒプコ☆ちょっと自信のあるワタシになるさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス