台風で壊れた車と地震て壊れた車の違いとは | 心を豊かにする自立したい女性のための貯蓄レッスン

心を豊かにする自立したい女性のための貯蓄レッスン

「頑張らなくても貯まる貯蓄の仕方」と、「女性が自立してして心豊かに生きていくために大切なこと」をテーマに、シングルマザーのファイナンシャルプランナー、さとう瑠加子(ルカコ) が、今まで学んだことや失敗した経験を元に書いていきます。


テーマ:

10年後も女性が心豊かに暮らすための貯蓄アドバイザー、さとうルカコです。

 
多くのブログの中からご訪問いただき、ありがとうございます。
 
西日本の豪雨と大阪方面を直撃した台風で多大な被害が報告された矢先、今度は北海道で大地震。
 
被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。
 
今回のような災害での被害を映像で見ると、どうしても職業柄、保険はちゃんと入っているのかなと真っ先に考えてしまうんですね〜
 
それだけではなく、プロとしては、
ちゃんと出るのかなと考えてしまうんです。
 
今回の立て続けに起きた大きな災害。
 
(写真はイメージです)
 
大阪では、台風の強風で車がゴロゴロ転がったり、木や電柱が倒れてきて、めちゃくちゃになる映像を見ました。
 
北海道の大地震では、倒れた建物の下敷きになって潰れてしまったり、液状化現象で泥水に浸かってしまった車もありました。
 
どちらも同じような損害を受けていますよね。
 
さて、保険は支払ってもらえるんでしょうか?
 
任意の自動車保険に加入していて、車両保障を付けていた場合に限りますが、
 
台風の被害の方は、支払ってもらえます。
 
しかし、
 
地震が原因の場合は、支払ってもらえません!
 
今回の北海道の方で車がやられてしまった方、
大変お気の毒ですが、修理や買換えは自費になってしまうんですね。
 
自動車保険の支払いに関しては、地震、津波が原因による損害は対象外なんです。
 
台風の強風や大雨の水害で車がダメになってしまった場合も、内容をよく確認してくださいね。
 
車両保障が付いて無ければ出ません。
 
保険料を下げたくて、車両保障を付けない人って、結構多いんですよね。
 
車両保障の保険料を安くしたいなら、自分でぶつけた時に出ないという特約を付ければ、比較的安くなります。
 
これだけ災害が増えているので、やはり加入中の保険も確認しておきましょう。
 
それと、安易にネットで入ったりせずに、やはりプロに見てもらうというのも必要かと思いますよ。
 
色々な裏ワザを知っているかいないかで、大きな差が出ますからね。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

さとう瑠加子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス