今年に入ってからのご相談で多いのが

 

・メンタル面が弱くなっているので、

マッサージをしてみているが改善しない。

・イライラがたまっているので、

ストレス発散で身体を動かしているが、

思うようによくならない。

 

です。

 

年末年始を挟み、食べ過ぎたのもある、

と皆さんおっしゃっていましたが、

それは横に置いておいて・・・

 

いわゆる典型的なカウンセリングでも

これらのことは軽減、改善できると思います。

(ここで言う「典型的」とは、着席して

カウンセラーとお話をするスタイルを指します)

 

私のサロンでは、それに加えて

構造的にからだを動かすことで、

内なる気づきを促すようにかかわっています。

自分で自分の課題に気づき、

自分で解決法を見つけられるって

これ以上、素晴らしいことはないですよね。

 

私はクライエントさんのそばで

クライエントさんの変化を見守ること。

表情、口調、態度、姿勢などの変化を

客観的な立場から感じたことを伝えます。

 

これは私の持論ですが、

マッサージもよいですが、

それをいつ、どのように、どの程度やるのか、

これは大事だと思います。

 

私のサロンでは、

からだからのアプローチとして、主に

・ブレインジム

・BBA(ビルディングブロックアクティビティ)

・ストレッチ

などをカウンセリングの中で使っています。

 

クライエントさんの状況を見て、

使うか使わないかを判断したのち、

クライエントさんがOKしたらお伝えしています。

 

皆さん、だまされたと思ってやるのですが、

あくびが出ちゃったりするのです。

「すみません。眠いわけではないのです。」

とおっしゃいますが、

私は「よかったじゃないですか!」と

あくびが出たクライエントさんを褒めます。

(何故かはまた今度に)

 

この3連休で、少しからだを動かして

メンテナンスをしてみることをお勧めします。